仕組み・ビジネス

起業で失敗する理由!成功するために知っておきたい4つの行動

落ちる男性を指差すイメージ

起業はリスクが伴うことなので、準備をしっかり整えて事業をスタートさせる人がほとんど。
ですが年単位で準備を整えたのに、すぐに廃業するケースがあるのが起業です。
逆に準備なしで思いつきで起業したのに事業を継続している人もいます。

その差はどこにあるのか。起業で失敗する人の共通点をまとめました。

起業するとき、失敗につながりやすい5つの行動

地面に落ちたアイスクリーム
起業で成功を収めたいなら、小さな事業を何回か起こして経験をつめばいい。
起業で成功する方法を調べると、かなりの確率でこのような答えが見つかります。
確かに、この方法は理にかなっています。

ですが、事業をたたむのにもお金はかかります。
赤字を出して事業をたたむと借金が残り、次の事業にとりかかるのが遅れてしまいます。
できるだけ失敗はさけたいところ。

ここでは失敗につながりやすい行動を5つご紹介します。
失敗につながりやすい行動を知っておけば、対処もしやすいですよね。

無計画・目的のない起業

なぜ起業するのか?

いま一度振り返ってみてください。
なんとなくだったり、「カッコイイから」というぼんやりとした理由だったりしませんか。

「起業」が目的になっていると、起業した時点で満足してその後につながりません。
事業をさせるためには地道な努力が必要ですし、それをずっと続けていかなければなりません。
起業家のキラキラした姿の裏には、惜しみない努力や失敗が隠れています。
漠然とした「起業」への憧れだけではじめると、現実とのギャップに苦しむことになりますよ。

だからといって、ビジネスモデルにこだわりすぎるのも失敗の原因です。
今の時代は特にそうですが、世の中の流れはだんだんと変化していきます。
準備ばかりに気を取られ、時代の変化に対応できなくなる…なんてことのないよう、アンテナを常に張っておく必要があります。

無駄な経費を出してしまう

当たり前のことですが、意外とこれが難しいのです。

一見すると必要に見えても、必須じゃないものって意外とあるんですよね。
例えば、無駄に豪華な内装設計にしたり、人を雇いすぎてしまったり。
こういった無駄が積み重なっていくと、資金が回らなくなって失敗につながります。

とはいえ、経費をケチって作業効率を落としてしまうのもかんがえもの。
たったひとつのツール(ソフト)を導入しただけで、売り上げが劇的に伸びた…なんて話もあります。

何が必要で、何がいらないのか。起業し始めたばかりの人にこの見極めは難しいところ。
すでに起業した人の話を聞いたり、インターネットを活用して、情報を集めるようにしましょう。

退路を断ち、背水の陣の覚悟で起業する

起業前には、なるべくお金を準備しましょう。
今の時代、資本金1円でも起業できるとは言われていますが、お金が必要になるのは起業するときだけじゃありません。
起業をする上で、絶対に外せないのは『初期投資』『当面の運転資金』です。
それだけでも途方もないですが、起業したての不安定な収入を支える生活費も準備したいところ。
融資を利用することになると思いますが、返済すべきものなので計画的に利用しましょう。

自分を追い込むため、背水の陣で起業するのもいいかもしれません。
ですが経済が不安定な現在、失敗しても生活だけはできるように、何らかの保険をかけておくべきです。
家族がいる場合は、起業する前に家族に相談しておきましょう。
そして、いざというときに協力してもらえるようにしておくことをオススメします。

誰にも相談せず始める

起業の準備から起業後までのすべてを、自分だけでこなすのは無理ではありませんが、とても大変なこと。
たとえフランチャイズでも、加盟するための審査や資金準備などやることはたくさん。
はじめての場合は分からないことも多く、不安になることも多いです。そんなとき、相談に乗ってくれる人がいるかどうかで、心理的な負担は大きく変わります。

また、事業をはじめることを周りに伝えておけば、お客として利用してくれたり、口コミを広げたりと、何かと力になってくれると思います。
「応援してくれる人がいる」という実感は、起業へのモチベーションにもなりますしね。

こんな性格は起業に向かない

女性2人に責められ頭を抱える男性
性格によって、起業に向かないタイプはあります。
ですが生まれつきの性格で、起業の成功・失敗が決まることはありません。
これからの習慣づけでいくらでも改善できるのです。

そもそも、「性格とは考え方のクセ」といわれていて、考え方を変えれば性格も変わるともいわれています。

「こんな性格だから無理」と諦めるのもいいですが、変わるチャンスと思って動いてみるのもアリですよ。

根気がない

「起業家」と聞くと、かっこいいイメージがありますが、初めは苦労しながらも努力していた人がほとんど。
起業していきなり優雅な生活を送れる人はまずいません。

起業しても、事業が回るようになるまでは、ピンチの連続です。
頑張って営業(宣伝)しても、お客が来ない。
納期が迫っているのに、体調を崩した…
そんなとき、諦めずに続けられるかどうか。

経営のノウハウなどを利用できるフランチャイズビジネスでも、「他力本願な奴は失敗する」といわれています。
何でも人のせいにして問題を解決しないので、どこかでつまづくんです。

無理してでも苦労しろとはいいませんが、自分で言い訳を作って楽な方に逃げる人は要注意。
やるべきことは、周りの力を借りながらでもこなしていきましょう。

ギャンブラー気質

今だけ乗り越えられればいいや…
今回失敗しても、次で挽回すればいいや…
サラリーマンだったら、フォローしてくれる人もいるので、このような考え方でもいいでしょう。
失敗が怖い人は、これくらいの気持ちでいいかもしれません。

ですが、起業するとなった場合そうはいきません。
物事を長期的に見れない人は、いきあたりばったりで行動する危険があります。
なにより資金管理でミスをするリスクも高く、企業の失敗につながることも。
ある人は、「いつか大きく返ってくる」と考えて経費を無駄遣いし、失敗したそうです。

慎重になりすぎるのもダメですが、無駄な博打を打つのも危険です。

頑固

こだわりをもって事業に取り組むことも大切ですが、世の中のニーズに応えることも大切です。

ときには事業計画そのものを見直さなきゃいけない場合もあります。
市場は常に変化するモノで、10年前には常識だったことがガラッと変わっていたりします。
そういった変化に柔軟に対応できなければ、時代に取り残されてしまいますよね。

ですが、「流行だから」といって10何でもかんでも手を伸ばすのは考えもの。
今はいいかもしれませんが、長期的に見ると「何してるか分からない会社」とレッテルを貼られる危険もあります。
事業計画の見直しは大切ですが、軸がぶれることだけは避けましょう。

まとめ

起業に失敗しないコツは「なるべくリスクをおかさない」にあるようです。
今や資本金1円でも起業できる時代ですが、起業は自分の人生をかけて起こす大勝負である部分は変わっていません。

そのため、辛いこともたくさんありますが、楽しいこともたくさん。
「サラリーマンの数年分が詰まったような1年を過ごした」と振り返る人もいました。
ビジネスで大きくステップアップしたい人は、起業を選ぶのもひとつかもしれませんね。

Checkとそれに向かう矢印
【2020年版】成功したい?それなら絶対オススメの買取フランチャイズ10選!オススメの買取フランチャイズの一覧です。大黒屋やリサイクルマート、銀座PARISといった買い取り販売から、売るナビやキングラム、WAKABAといった買取専門のフランチャイズ、特殊なシステムがあるブランド横須賀やリサイクルマートなど10社をご紹介!...