仕組み・ビジネス

【これだけ読めばOK】リサイクルショップの開業完全マニュアル!

木製の活版

フリマアプリが広まったり、環境問題への関心が高まったりしたおかげで、リサイクルショップのニーズは高くなっています。

一方で、なかなか利益が出なくて閉店してしまうお店も存在します。
チェーンに加盟したのに、チラシをまいただけで終わってしまった…というお店も。

今回は、リサイクルショップの開くために必要な手続きや、長く続けるためのコツなどをまとめました。
「リサイクルショップを開きたいけど、不安…」という人にオススメですよ!

意外と難しい?リサイクルショップを開く4つのステップ

古物商許可証
リサイクルショップを開く方法はいくつかありますが、必ずしないといけないことがあります。
それは、警察署から古物商許可証をもらうこと。

これが意外と難しく、時間もかかります。
申請が通るまで、最低でも40日必要なんだそうです。
さらに1万9千円の手数料がかかります。

ここでは、スムーズに開業するためにやっておきたいことを4ステップにまとめてご紹介します!

1.事業計画をたてる

どんな起業(開業)でも、事業計画は必須です。

店舗を用意するのか、インターネットのみで開業するのか…
どんな客層をターゲットにするのか…
どんな商品を中心に扱うのか…

特に「どんな商品を中心に扱うのか」は、古物商許可証を申請するときにも関わってきます。
古物商許可証の申請書には「主として取り扱おうとする古物の区分」という項目があるんです。
ここで選んだ品目以外は、基本的に取り扱えないので、慎重に選んでください。
複数選ぶこともできますが、審査が厳しくなる可能性があります。
後から追加することもできるので、まずはメインで取り扱いたい品目を決めておきましょう。

客層が決まると、効果的な宣伝方法を決めることができます。
SNSが苦手なお年寄り向けのビジネスで、SNSを使って広告を出しても効果は出ませんよね。
無駄な費用を出さないためにも、方向性はしっかり決めておきましょう!

2.営業所の場所を決める

「営業所」とは、商品を管理したり事務所の役割を果たす場所です。
リサイクルショップの場合、お店の場所で問題ありません。
店舗を構える予定がない人は、取引の事務作業を行う場所になります。

古物商許可証を申請するためには、営業所の住所が必要です。
許可証をもらってから、お店の場所を決める…ではないんですね。

リサイクルショップが許可制なのは、「盗難の防止」と「被害の速やかな回復」が目的です。
泥棒が物を盗むほとんどの理由は、お金が欲しいから。盗んだ物は質屋や買い取り業者のところに集まります。
そこで業者が警察と協力することで、盗難の被害を抑えようとしているんですね。

防犯を理由にしているので、営業所はどこでもOK…というわけにいきません。
自分が目をつけている場所が営業所にできるのかわからない人は、事前に警察署に相談することをオススメします。

電子データの前で立つ男性
バーチャルオフィスで古物商の許可はとれる?営業所を決める3つのポイント!物件ではなく、物件の住所を借りる「バーチャルオフィス」。レンタルオフィスとも違う新しいスタイルのオフィスですが、古物許可証を申請するにあたってはどうなのか?この他にも営業所を決める際に確認しておきたい3つのポイントをまとめました。...

相談する場所は、その物件の住所を管轄している警察署を選んでください。
というのも、古物商許可証を申請するのは「営業所の住所を管轄にしている警察署」なんです。
それ以外の警察署に相談しても断られる可能性が高いので、注意してください。

そのためにも、まずは物件を見つける必要があるんですね…。

3.申請に必要なものをそろえる

申請に必要なものは、申請の状況や警察署によって微妙に異なります。
警察署のサイトに必要なものの一覧が出ていますが、不安な人は事前に問い合わせておくと安心です。

以下の書類は共通して必要になります。

古物商許可証申請書

警察署でもらえますし、インターネットからダウンロードもできます。
申請者や営業所の住所、ネット取引の有無などを書き込みます。

略歴書

こちらも警察署からもらいます。
書式が警察署によって変わるので、直接もらったほうが無難です。
過去5年間の経歴をここに書き込みます。

誓約書

古物商には「欠格事由(欠格要件)」があります。
これに該当すると古物商になれません。
暴力団員である・特定の犯罪を犯したなど、普通に生活していればあまり当てはまらないのですが、それを証明する書類を提出しないといけません。

住民票

本籍が記載されているものが必要になります。

身分証明書

警察署によっては、コピーが必要になる場合もあります。
今はあまりないようですが、顔写真を用意するようにいわれる可能性も。

何度も出直すことにならないよう、事前に確認しておきましょう!
欠格事由(欠格要件)については、以下の記事に詳しくまとめています。

NG!! のダイス
古物商不許可の原因第1位!欠格事由と解決手段について大公開!欠格事由(欠格要件)とは、古物商の許可を与える事の出来ない条件の事です。これに当てはまると、残念ながら不許可となります。さらに起業後でも、この条件に当てはまってしまったら取り消しとなります。ここでは欠格事由(欠格要件)についてまとめています。...

4.開店準備

古物商許可証が手に入れば、古物を買い取ることができるようになります。
「古物」とは、いわゆる中古品や新古品のこと。
日本では、転売目的で古物を仕入れることは古物営業法によって禁止されています。
なので、仕入れは後回しになってしまうんですね。

ノートパソコンで作業する
【必読】転売に古物商許可証は必要?!知らないとまずい制限とは?転売で収入を得ている人がいますが「転売目的なのだから、古物商の許可が必要なのでは?」と思う方も多いでしょう。実は「新品を購入して転売する」場合は、古物営業法には触れません。しかし他のリスクがあるので、まとめました。...
リサイクルショップの仕入れ先は、いくつかあります。
集客会社(集客サイト)を利用して買取の依頼を受けたり、古物市場に参加して仕入れたり…
もちろん自分でサイトなどを立ち上げて、直接お客様から買い取る方法もあります。

この他にも、店内の内装工事を進めたり、WEBサイトを立ち上げたり…とすることは沢山あります。
一人でやりきる自信がないという人は、開業支援を利用したり、フランチャイズを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

開業支援を利用すると、起業までのサポートを受けられます。もちろん、相談も可能!
開業後のサポートは基本的にありませんが、開業するために必要なあらゆることについて支援を受けることができます。

フランチャイズは、ロイヤリティを払ってすでに開業している企業のノウハウを利用するビジネスです。
月々の支払いは高くなりますが、本部からサポートを受けたり研修会に参加できるので、廃業する確率をグッと減らせますよ。

リサイクルショップで廃業しないための注意点!

頭を抱えて壁にもたれかかる男性
リサイクルショップへのニーズが高まっているということは、競争も激しくなっているということ。

特に個人で開業しようと考えている人は、競争についていけず閉店してしまう可能性もあります。
そうならないためにも気を付けたい注意点を、今回は3つご紹介します。

  • コンセプトに合ったお店づくりを心がける
  • 安定した仕入れ先を確保する
  • 開業資金は余裕をもって準備する

それでは、詳しく見ていきましょう!

コンセプトに合ったお店づくりを心がける

事業計画をしっかり立てることの重要性は、先ほどの通りです。
コンセプトがしっかりしていないお店は、なんとなく雑な印象を与えてしまいます。
リサイクルショップも客商売ですから、お客様からの信頼がないと経営を続けるのは難しいもの。

客層にあった店内設計やサービスを心がければ、居心地のいいお店づくりにつながります。

それと、店内を清潔に保てるかも重要です。
清潔に保ちにくい店内設計にしてしまうと、掃除も一苦労ですし商品管理も難しくなります。
中古品といえどもあまりに汚れの目立つ商品は、買いたくないですよね。
肩にほこりが積もった服とか、私は着たくありません…。

商品がきちんと管理できていないと、客足が遠のく原因にもなります。
ごちゃごちゃしたお店もアリですが、お客様が気持ちよく過ごせるかどうかも気にしてみてくださいね。

安定した仕入れ先を確保する

リサイクルショップは、お客様から商品を買い取ることができます。
とはいえ、それでは安定した仕入れにはなりません。ニーズに合った商品が仕入れられるとも限りませんしね。

フランチャイズなどのチェーンに加盟すると、商品の仕入れをサポートしてもらえるので比較的安心です。
個人で開業する場合は、自力で仕入れ先を見つける必要があります。

仕入れ先は、古物市場やインターネット、海外などたくさんあります。
特に古物市場は古物商に特化しているのでオススメです。
ただしはじめは戸惑うことが多いと思いますので、詳しい人と一緒に参加するといいかもしれません。

アンティークの路上販売
古物市場主って何だ?気になる仕事内容やなるための方法をご紹介!古物市場主とは、古物市場を運営する人のことです。主に古物商から入場料や手数料をもらって利益を得ています。2号営業といわれ、手続きの手順は古物商とほとんど変わりませんが、いくつか違いがありますので、ご紹介します。...

開業資金は余裕をもって準備する

比較的低資金で開業できるといわれるリサイクルショップですが、資金は余裕をもって準備することをオススメします。

どんな業種でもいえることですが、起業してしばらくは収入が安定しません。
その間の生活費も準備しておかないと、生活が成り立たなくなって泣く泣く閉店…なんてことに。

またお客様が来るようになるまでは、自力で商品を仕入れないといけません。
その仕入れのためにもお金が必要です。
他にも状況によっては追加でチラシを配る必要が出てくるかもしれません。
そんなとき、資金が多めにあると落ち着いて対応できますよね。

後悔しないためにも、開業資金は余裕をもって準備しておきましょう。

まとめ

リサイクルショップを開店するためには、他のお店よりもやることが多いです。
何より古物商許可証の申請に時間がかかります…。

開業支援を利用したりフランチャイズに加盟していると心強いのでオススメ。
ですが一番は、自分に合った方法で開業することです。
そのためにも、どんなお店を開きたいのかをしっかり考えておきましょう。

Checkとそれに向かう矢印
【2020年版】成功したい?それなら絶対オススメの買取フランチャイズ10選!オススメの買取フランチャイズの一覧です。大黒屋やリサイクルマート、銀座PARISといった買い取り販売から、売るナビやキングラム、WAKABAといった買取専門のフランチャイズ、特殊なシステムがあるブランド横須賀やリサイクルマートなど10社をご紹介!...