仕組み・ビジネス

不利なフランチャイズ契約を回避するためには?絶対に確認したいポイント!

契約書

フランチャイズ契約は、消費者と企業(事業主)の契約ではありません。
そのためクーリングオフ制度などが使えず、すべて事業主同士の自己責任になります。

だけど、契約書なんて難しくて分からない!

「ここだけ見とけばいい」ってポイントはないの?

今回は、契約を結ぶ前に知っておきたい基礎知識や、見ておくべきポイントをご紹介。
「契約」になじみのない方でも分かりやすいよう、解説します。

フランチャイズ契約の基礎知識

契約書にサインをする政治家契約書には、フランチャイズビジネスの決まりごとがまとめられています。

フランチャイズ契約は、本部にとって有利な内容になっていることが多いです。
でも、それには理由があります。
フランチャイズビジネスには、加盟店の不祥事がチェーン全体にダメージを与えることがあります。
「バカッター」がいい例ですね。
本部にとって有利な契約を結ぶことで、これを防ぐ狙いがあります。

ですが、中には悪質な契約もあるので注意が必要。
「どうせ分からないだろう」とたかをくくっている企業も、残念ながら存在します。

契約を結ぶ際には、慎重に慎重を重ねて判断しましょう。

フランチャイズ契約って何?

フランチャイズ契約は、本部が提供しているプラン(パッケージ)を加盟店が受け入れる契約のこと。
基本的にすべての加盟店で同じ契約書が使われていますが、例外的に個別の契約を結ぶケースもあります。

またフランチャイズ契約では、加盟店と本部は独立した事業主であり、対等な関係です。
そのためクーリングオフなど制度が使えません。

契約書には、契約を結ぶことで得られる加盟店(本部)の権利・義務がまとめられています。
そのフランチャイズ本部の経営に対する姿勢を表している物でもあるので、しっかり読み取りましょう。

法定開示書面はご存じですか?

フランチャイズビジネスでは、契約を結ぶ前に提示される書類があります。
一般的に「法定開示書面」と呼ばれるものです。

本部によっては「フランチャイズ契約の要点と概説」「契約のあらまし」などさまざま。
小売業・飲食業では法定開示書面を提示して説明することが、「中小小売商業振興法」によって義務付けられています。

ここには、法律で決められた22項目についての情報が公開されています。
「本部についての情報」「契約内容についての情報」が中心で、本部はこれらを加盟希望者に説明。納得した希望者と契約を結ぶようになっています。

義務のないサービス業などでも、似たような書類を用意している本部は多いです。
中にはインターネット上に公開している本部もあるので、調べてみてくださいね。

もし、契約書と法定開示書面の内容が違ったら?

まれに契約書と法定開示書面の内容が違うことがあります。

それに気付いたら、早めに担当者に問い合わせてください。
基本的に契約書の方が優先となるのですが、そもそも「内容が違う」ということがあってはならない…といわれています。
ただのミスだったらいいのですが、ずっと放置されていたのなら本部の体制を疑った方がいいでしょう。

確認しておきたい!契約書のポイント

コルクボードに留められた「POINT」のイラスト「契約書を結ぶとき、ここだけ見とけばいいってポイントはないの?

そう思う人はたくさんいると思います。

ですが、契約書はすべて目を通して理解しておくべきです。
分からなければ、担当者に問い合わせたり、お金を払ってでも専門家に確認しておきましょう。
専門家の意見を聞きながら、契約を結ぶかどうか判断してくださいね。

後で失敗しても、その責任を取るのはあなたしかいません。
後悔しないためにも、しっかり確認をとりましょう。

ここでは、特に注意しておきたいポイントをまとめています。

本部に支払う金銭について

契約書には、本部に支払うべき金額と、その名目がまとめられています。
加盟店の収入に直結する項目なので、必ず確認しておきましょう。

ロイヤリティは、算出方法まで確認してください。
月何万円と決まっているところもあれば、売り上げに対する割合で決まっているところもあります。
売り上げに対して高すぎないかも確認しておけば、納得して契約できますよね。

加盟金は、できれば含まれている費用まで確認しましょう。
加盟金は「チェーンに加盟するための入会料」ではなく、「ロイヤリティの前金」という意味合いもあります。

散らばったドル札
【起業したい人必見】フランチャイズの保証金・加盟金について徹底解説!フランチャイズチェーンに加盟するときによく聞く「加盟金」と「保証金」について、返還の可能性や注意点などを、それぞれ解説。加盟店側から見る大きな違いは返還の有無。一般的に保証金は返還され、加盟金は返還されません。この他例外も含めて解説します!...

その他、研修費やシステム使用料、宣伝広告費なども目を通しておきたいところ。
金銭に関する項目は、重要なポイントです。

余談ですが、契約書に書かれていない金銭を請求されるケースもあります。
基本的に支払う必要はないといわれていますが、具体的な金額で書かれていない項目の可能性があります。
本部に「どういう名目で徴収されるのか」「一時的なのか、継続的なのか」を確認しましょう。

提供される内容について

フランチャイズ契約では、加盟店の支払いの対価として本部から商標やノウハウなどが提供されます。
契約書にはその内容がまとめられているので、事業主の自覚をもって確認してください。

加盟店が受けられるサポートは特に見ておきたいところ。
本部からのサポートに疑問を持ったときの、判断基準になります。
他にも店舗の内外装などのデザイン、従業員の研修内容などもしっかり確かめてくださいね。

商標や商号については、ブランドのイメージを損なうことがないよう、使用できる条件について記載されている場合もあります。
このように、条件付きで提供されるものにも注意が必要です。

契約期間・途中解約について

契約期間が長すぎると、途中解約のリスクが高まります。
かといって短すぎると、更新手続きがわずらわしくなる可能性も。

契約期間については、どのタイミングが開始日になるのかも注意してください。
例えばの話ですが、「契約を結んだ日から1年間」の契約だった場合、オープンまでに何か月も時間をかけられませんよね。
事前研修が充分に受けられない可能性もあります。

スケジュール帳の1ページ
意外な落とし穴!フランチャイズの契約期間と更新手続きについて徹底解説!フランチャイズの契約期間は、加盟希望者にとって気になることの一つではないでしょうか。実は契約期間には、公正取引委員会が決めた基準があるのはご存じでしょうか。今回は契約期間についてと、意外とトラブルに発展しやすい契約更新について解説します。...

契約期間中に解約する場合、解約金(解約違約金)を請求される可能性があります。
金額は契約時に決まっていたり、残りの期間に発生するロイヤリティで決めたり、さまざま。
リスクを把握するためにも確認しておきたいポイントです。

契約違反・違約金について

考えたくないことですが、人間ですから違反してしまう可能性もゼロではありません。
契約(義務)違反があったとき、違約金を請求される場合があります。
そのとき、いくら請求されるのかを先に決めている本部がほとんどです。

損害賠償を請求する場合、その生じた損害がいくらであるかを説明、立証しないといけません。
ですが調査するにも労力がかかりますよね。
そこで契約書にあらかじめ金額を指定することで、損害を立証しなくても定めた内容の賠償額を請求できるようになっています。

違約金については、本部によっていろいろありますが、本当に適切な金額なのか確かめることが重要。
実は違約金の設定が低いのも危険なんです。
「違約金を払っても、違反した方が得じゃん!」と思われてしまった場合、加盟店が違反を繰り返してチェーンが崩壊する可能性が。

違約金については、加盟店に対する本部の考えと、本部のリスクマネジメントを知る手がかりになります。

契約終了後の義務について

契約終了後も、加盟店にはいくつかの義務が残っています。

最もトラブルになるのが「競業避止義務(きょうぎょうひしぎむ)」。
一定期間、契約していた事業と同じ(似た)事業をしてはならないという義務です。

この義務が課せられる期間と、範囲は本部によってさまざま。
契約書に書かれていますので、独立を視野に入れている人は特に注意が必要です。

燃えるお金を持つ人
フランチャイズに失敗した後どうなる?契約終了(解約)後の注意点とお金の話フランチャイズに失敗すると、借金を抱えて失踪することになる。自力で起業した場合でも同じ結果になる危険があります。そして事業主として後始末をしないといけないのも同じ。ここでは、フランチャイズの契約を終了(解約)するときと、その後の注意点をご紹介します。...

まとめ

フランチャイズ契約は事業主同士の対等な契約ですが、本部の方が強い場合がほとんど。
逆に緩すぎると、加盟店が自由に動きすぎるせいでチェーン全体が崩壊する危険があります。

ちょうどいいバランスを見極めたいところですが、経験者でもない限り難しい話。
詳しい人の意見を聞きながら、納得できる契約を探すことをオススメします。

Checkとそれに向かう矢印
【2020年版】成功したい?それなら絶対オススメの買取フランチャイズ10選!オススメの買取フランチャイズの一覧です。大黒屋やリサイクルマート、銀座PARISといった買い取り販売から、売るナビやキングラム、WAKABAといった買取専門のフランチャイズ、特殊なシステムがあるブランド横須賀やリサイクルマートなど10社をご紹介!...