仕組み・ビジネス

開業資金の融資は銀行では難しい?創業時の資金調達方法まとめ

銀行の融資を相談するシーンのフィギュア

開業には多くの先行投資が必要で、自分で全額を用意するのは難しいときもあります。
そんなとき助けになるのが、融資です。

でも、融資って審査が厳しそう…
何をすればいいのか分からないよ…

ここでは、そんな人のために融資についての基礎知識をまとめました。
審査を受ける前にやっておくべき準備や、創業時に使える融資制度など、初めて起業する人は見逃せない情報が満載です!

開業資金を銀行から借り入れするにはどうしたらいい?

札束
融資というと、銀行をイメージする人も多いでしょう。
銀行からの融資は、多額の資金が必要なときにはとても心強い存在です。

しかし、「開業資金だと銀行の融資は通らない」という話をよく聞きます。
残念ながら、本当の話のようです。

銀行で融資を受けるとき、担当者は「本当に、きちんと返済できるのか」を重要視します。
創業したての企業は経営が安定しておらず、「貸し付けても返済してくれないかもしれない」と判断されやすいため、審査に通りにくいんです。
開業資金を銀行の融資で集めるのはかなり難しいと考えておきましょう。

経歴によっては融資してもらえる

「銀行から開業資金を融資してもらうのはかなり難しい」と述べましたが、絶対無理だという訳ではありません。

あなたのこれまでの経歴次第では、融資してもらえる可能性があります。
例えば、その業種で取引実績を持っている、すでに経営者としての経験がある…などなど。
起業してから返済が終わるまで、しっかり経営を続けられることを証明できれば、銀行の審査に通るかもしれません。

さらに銀行からの融資を返済するときに注意すべきことがあります。
銀行での融資は金利も高めに設定されていることが多く、返済額が月々の経営資金を圧迫するおそれがあるんですね。
開業直後は売り上げも不安定なため、より一層、無理のない返済計画を立てておきましょう。

銀行以外の融資制度も検討してみよう

開業資金を集める場合は、銀行以外の融資制度を強くおすすめします。
日本政策金融公庫の創業融資制度が有名ですよね。各自治体にも起業支援を目的とした創業融資制度があります。
どちらも金利が低く、起業家を支援してくれるので、積極的に活用していきたいですね。
それぞれに特徴がありますので、詳しくご説明します。

日本政策金融公庫

国が100%出資して運営している会社です。
さまざまな融資制度を用意していて、女性や若者、シニア世代の人が創業前に利用できる制度もあります。
中でも「新創業融資制度」は無担保・無保証人でもお金を借りられるメリットが。
保証人、担保の有無で金利が変動しますが、この条件で1000万円以上の融資を受けることも可能なんです!

自治体の創業融資制度

都道府県や市町村が独自に用意しています。
日本政策金融公庫の「新創業融資制度」よりも金利が低いため、起業者の負担が軽くなるメリットが。

融資の条件や上限金額は各自治体によって違いますが、会社の所在地がある自治体の制度しか受けられません。
自治体によっては、創業融資制度を用意していないところもあります。
まだどこで開業するか決まっていないという人は、創業融資制度が手厚い自治体を選ぶのもアリかもしれませんね。

フランチャイズに加盟するのもアリ

フランチャイズに加盟すると、銀行の審査に通りやすくなるかもしれません。

銀行の審査が厳しい理由は、融資した企業が倒産して貸したお金が回収できなくなるリスクを回避するため。
なので貸し付ける相手は社会的に信用できるのかを見ています。
社会的信用のあるフランチャイズチェーンに加盟することで、銀行からの信用を得やすくなるんです。

さらに、あなたの条件に近いフランチャイズチェーン店の経営データを使うことで、担当者に説得力のある事業計画を立てることができます。
フランチャイズ本部も、審査のためのアドバイスやサポートをしてくれるため、自力で申し込むよりかなり有利に審査を受けられますよ!

机の上に並べたMERITのビーズ
失敗しないために!必ず知るべきフランチャイズのメリット·デメリット!フランチャイズビジネスは上手く使えばメリットの方が大きいといわれていますが、場合によっては廃業の原因になることも。契約を結ぶ前に、慎重に判断する必要があります。そこで今回、フランチャイズに加盟するメリットとデメリットをそれぞれまとめました。...

これでバッチリ!審査に通るためにやっておくべき3つのこと

ガッツポーズをするサラリーマン
起業支援を目的とした融資制度を利用すれば、開業資金を集めやすくなります。
だからといって、条件さえ満たせば誰でもお金を借りられる…というわけではありません。
実際、日本政策金融公庫の審査通過率は50~60%なんだそうです。

入念な準備をしておけば、審査落ちを回避できるだけでなく、多くの金額を融資してもらえる可能性も上がります。
面倒でも、審査に向けてしっかり準備をしておきましょう!

ここでは、審査に通りやすくなるためにやっておくべき準備をまとめています。

  • 自己資金は最低ラインよりも多く用意するべし
  • 創業計画書は丁寧に正確に!
  • 別紙資料を用意しておけばさらに成功率UP

それぞれ詳しく説明していきます。是非ご覧ください!

自己資金は最低ラインよりも多く用意するべし

自己資金をどのくらい用意するかは、どの融資を受けるかによって変わります。
ですがどの審査にもいえるのは、

最低限用意しておけば安心…ではない!

ということ。

日本政策金融公庫では、借りたい金額の10分の1を自分で用意することが最低条件です。しかし審査に通るためには3分の1の自己資金が必要といわれています。
開業資金として900万円が必要な場合、90万円の自己資金を用意すれば融資を申し込むことができます。しかし、審査に通るためには自己資金300万円を用意しておかないと厳しいでしょう。

自己資金とは自分で用意した資金のこと。
サラリーマン時代に貯金したお給料や退職金、売却できる不動産などが含まれます。
創業融資の場合は、事業のために使った資金も自己資金として認められます。

一方で、親から借りたお金や、タンス貯金などの出所不明なお金は対象外。
特に、一時的に大金を借りて自己資金に見せかける行為は「見せ金」と呼ばれ、違法性があるとみなされる場合も。

目標金額に向けてきちんと貯金ができる人は、返済も真面目にやってくれるだろうと判断されやすいです。
また開業のため自主的に準備を進めている証拠でもあるので、自己資金は最低ラインギリギリを狙うのではなく、余裕をもって準備しましょう。

創業計画書は丁寧に正確に!

創業計画書とは、就職活動でいう履歴書のようなもの。
「私はこんなビジネスを考えていて、返済についてもしっかり考えています。だから融資をお願いします!」
と、アピールするための書類です。
日本政策金融公庫ではテンプレートが用意されています。

これから初めて起業する人の場合、お金を返せるかどうかを客観的に判断できる指標がありません。
だからといって「じゃあ融資するから試しにやってみてよ」とはいきませんし、担当者が24時間張りつくわけにもいきません。
そこで創業計画書を使って、きちんと返済できるかどうかを判断しているんですね。

創業計画書には、「創業の動機」や「経営者の略歴等」といったあなた自身に関する項目や、「取扱い商品・サービス」「事業の見通し」といった、事業内容に関する項目があります。
創業をするあなたの思いや、借りたお金を返せることを数字を使って正確に説明していきましょう。

上手く言葉が見つからないという人は、日本政策金融公庫のHPに業種ごとの記載例が載っているので参考にしてください。

別紙資料を用意しておけばさらに成功率UP

創業計画書だけでも審査を受けることができますが、別紙資料を作成しておくことをオススメします。
創業計画書に書くことができる内容は決まっているため、うまくアピールできない可能性があるんです。
例えば「かなり立地条件のいい物件を持っている」「ターゲット層の設定や集客の工夫をしている」というアピールポイント。
これらを書き込む欄が創業計画書にはないんです。
これらを説明する資料を作ることで、審査の担当者に好印象を与えることができます。

別紙資料の内容は事業内容によって変わりますが、以下の項目が基本です。

経歴・プロフィール

行なう事業に関係する経験を具体的にまとめます。
資格の取得も立派なアピールポイント。忘れずに記載しましょう!

創業動機

事業への想いをつづるだけでなく、「事業のために何をしたか」も具体的なエピソードを交えて記載します。
創業計画書にも記入欄はありますが、スペースが狭いためなかなか書ききれません。
そこで別紙資料に詳しい動機を書いて、創業への本気度をアピールします。

ターゲット層

どんな人をターゲットにしているかだけではなく、そのためにどんな工夫をするかを記載すると評価されやすくなります。

立地条件・通行量の調査

立地条件は、開業予定地の近隣に何があるかを記載します。
ターゲット層に関係するものがあれば、漏らさず記載してください。
通行量調査は、時間帯ごとに分けて調査します。
特にターゲット層の人数は別にして調べておくと、どのくらい売れるかの見込みも分かりやすいです。

商品・サービスの内容

飲食店ならばメニュー表、小売店ならお店に並ぶ商品のことです。

競合調査

近隣にどんなお店があるのか、同業の企業がどのくらいあるのかをまとめます。
その上で、自社の優位性は何かを分析したデータがあるとさらに高評価を得られます。

将来的なプロモーション(戦略や宣伝方法)

お客様を増やしていくために、具体的に何をするのかをまとめます。
複数のメディアを合わせた戦略を立てると、将来性を感じてもらえますよ。

損益計算書

1か月の売上高、必要となる経費、大体の利益などを具体的な数字で表にまとめます。

まとめ

起業する人にとって、重要な課題でもある資金集め。
融資制度を使うことで解消できますが、きちんと返済していかなければいけません。
必要な分だけ借りて、計画的に返済していくことが大切です。

そのためにも、自分がどんなビジネスをはじめようとしているのか、今一度事業計画を振り返ってみるのもいいかもしれませんね。

Checkとそれに向かう矢印
【2020年版】成功したい?それなら絶対オススメの買取フランチャイズ10選!オススメの買取フランチャイズの一覧です。大黒屋やリサイクルマート、銀座PARISといった買い取り販売から、売るナビやキングラム、WAKABAといった買取専門のフランチャイズ、特殊なシステムがあるブランド横須賀やリサイクルマートなど10社をご紹介!...