仕組み・ビジネス

将来のための必要投資!フランチャイズで気になる広告宣伝費ランキング TOP3

オープン前から始まる勝負!広告宣伝費

折込チラシでフランチャイズを広告宣伝

新聞の折込チラシや駅前で配布するチラシなどに使われる広告宣伝費。

開業したばかりのころは固定客もないため、地域で認知してもらうためにもチラシを配布し宣伝します。

まだ収益も上がっていない時期のため節約したいところですが、今後の安定した営業のためにも初期のランニングコストとして必要な経費ともいえるでしょう。

オープンから3カ月程度はチラシを配布できるようにしっかりと予算を取りましょう。

限られた予算で効果的な広告を

初期投資としてあまりケチケチしたくはない広告宣伝費ですが、費用を掛けるほど効果があるというものでもありません。

どの地域に、いつから何回配るのか、どの新聞を購読している人たちが顧客となりそうなのかなど市場を調査し、分析する必要があります。

マーケティングリサーチの経験が必要ですので、フランチャイズ本部のアドバイスやサポートが頼りになります。

どういった戦略で広告宣伝をするべきか、ここにしっかりと答えられるフランチャイズ本部を選んでください。

とにかく広い地域に、ひたすらチラシを投入するという方針は要注意かもしれません。

気になる広告宣伝費TOP3

ランキング1位  大黒屋

全国200店舗以上。全国展開による抜群の知名度だから、広告宣伝費もあまり必要ないかも?!

広告宣伝費 30万円

詳細ページ公式ページ

ランキング2位 ブランド横須賀 独立開業支援

フランチャイズ契約ではないので、自由度は抜群です。広告や宣伝は本部のサポートや集客方法のアドバイスを受けながら、オリジナルのアイデアも取り入れることができます。
WEB広告やチラシ広告を使った集客方法に定評があります。

広告宣伝費 50万円

詳細ページ公式ページ

ランキング3位 WAKABA

女性をターゲットにしたマーケティングを得意としています。おしゃれで親しみのある広告で顧客にアピールします。

広告宣伝費 60万円

詳細ページ公式ページ

買取店FC総合ランキングオススメの買取フランチャイズ(FC)本部のランキングTOP3はこちらです!経営にどのくらいの自由があるか、開業費用の安さなどを、私たちが総合的に判断してランキングしています。それぞれのオススメポイントも記載しているので、フランチャイズ選びの参考にしてください。...