仕組み・ビジネス

質屋を開くなら古物商許可じゃない?必要な条件や違いはココ!

質屋ののれん

品物を担保にお金を貸したり、買い取ったりする質屋。
実は古物商許可ではなく、質屋営業許可で開業できるんです。

ここでは古物商との違いを含めて、質屋を開ける条件をご紹介。
質屋に興味がある人は必見です!

質屋を開くのに必要なのは「質屋営業許可」!取得するために必要な条件は?

ケースに入ったルビーのネックレス
質屋と古物商は、お客様が持ち込んだ品物で商いをする部分は同じですが、全く別のビジネスです。
そのため、必要な許可や遵守する法律が違います。

質屋の場合は質屋営業許可を取得して、質屋営業法を順守する義務があります。
古物商許可証はなくても開業できますが、持っていると便利です。

質屋を訪れるお客様の中には、はじめから「質流れ」をするつもりでお金を借りる方もいます。
質流れとは、持ち込んだ物の所有権が質屋に移ること。期限までに返済できなかった場合は、質屋が預かった物を売って、損失分を補うシステムになっています。
それなら、はじめから買い取った方が早いですよね。
ですが質屋許可ではそれができないんです。あくまでも質屋はお金を貸し付けるビジネスで、買い取るときには古物商許可が必要です。

ビジネスチャンスを逃さないためにも、一緒に取得しておくといいかもしれませんね。
フランチャイズでも質屋とセットになったリサイクルショップがありますよ。

欠格事由に該当しないこと

古物商許可を申請するときに必ず確認する「欠格事由」。
質屋営業許可を申請する場合も、欠格事由に該当しないことが第一条件です。

条件は全部で10個
禁固以上の刑に処され、出所してから3年以上経過していない人や、住所不定の人などがあります。
申請前3年以内に罰金刑に処せられ、その情状が質屋として不適当な人も欠格事由に入るため、古物商許可の申請と比べてハードルが高いかもしれません。

万が一欠格事由に該当していた場合、期間が過ぎるまで待つなどの対策が必要になります。

申請は営業所ごとに行う

質屋営業の許可申請には、営業所が必要です。また、管理者を置かなければいけません。
ここまでは古物商許可の申請でも同じですね。

大きな違いは、営業所ごとに許可申請をしなければならない部分。
例えば東京都と神奈川県に営業所を置く場合。
古物商なら、メインで活動する営業所で申請をすれば、もう片方の営業所では手続きは不要です。
ですが質屋の場合、東京都と神奈川県の両方で許可を申請しなければいけないんです。

営業所の条件は、古物商ほど厳しくはありません。
ですが営業所の敷地内、あるいは近接する敷地内に「質蔵」と呼ばれる設備がないと、許可が下りません。
そのために工事が必要になるケースがほとんどで、警察署の担当者が立ち会う場面もあります。
警察署とやり取りすることが多いので、早めに相談をしておくといいかもしれませんね。

条件を満たした質蔵はあるか

古物商の許可申請との大きな違いは、質屋の場合は質蔵と呼ばれる設備が必要になることです。
質蔵とは、お客様から預かった物を保管する設備です。
市販の金庫でもいい…という話ではなくて、警察署が定めた条件を満たさないといけません。
その条件は警察署によって違っているので、工事が必要になることも。

工事のやり直しなどが起こらないように、内装図面ができた段階で一度警察署に確認してもらったり、内装業者にも説明してもらったりして、こまめな確認が必要です。
質蔵の設置は面倒ですが、お客様から品物を預かる重要な設備です。
お金が完済されたら、きちんと返却できるように、破損や紛失のない保管庫を用意しましょう。

まとめ

質屋は古物商許可では開業できません。質屋営業許可が必要です。

古物商許可はなくてもかまいませんが、持っていればお客様の品物を買い取ることができるなどビジネスの幅が広がって便利です。
一度取得すれば、更新手続きも必要ありませんので、質屋営業許可に合わせて古物商許可の取得も検討してみてはいかがでしょうか。

Checkとそれに向かう矢印
【2020年版】成功したい?それなら絶対オススメの買取フランチャイズ10選!オススメの買取フランチャイズの一覧です。大黒屋やリサイクルマート、銀座PARISといった買い取り販売から、売るナビやキングラム、WAKABAといった買取専門のフランチャイズ、特殊なシステムがあるブランド横須賀やリサイクルマートなど10社をご紹介!...