仕組み・ビジネス

週末(土日)起業でビジネスをはじめよう!人気のアイデアも大公開!

ミントの鉢植えとStartと書かれた黒板

週末(土日)起業をご存知ですか?
最近、耳にするようになったという人も多いんじゃないでしょうか。

「気軽にビジネスをはじめられる」ということで、注目を集めているんです。
とはいえ、何の知識もないままはじめるのは危険です。

ここではそんな週末起業についてと、オススメのアイデアをご紹介します!

週末(土日)起業って何?

起業イメージ
週末起業とは、務めている会社を辞めずに週末(土日)だけ自分でビジネスを行うことです。
代表例として週末農家があります。平日は会社員として働いて、土日は農業を営むんですね。

起業をしたいと思ったとき、会社を辞めることは大きなリスクになります。
今まで築き上げてきたキャリアを失うことを恐れ、起業したくてもできない人も多いとか。

そこで選択肢にあがるのがこの週末(土日)起業
安定した収入を確保したままなので気軽に起業ができ、最近注目されているんです。

週末起業のメリット

週末起業のメリットはいくつかあります。
まず仕事を辞めなくていいので、周囲に気を遣わずに始められます。
家族がいると特に不安になると思いますが、週末起業なら家族も説得しやすいのではないでしょうか。

次に失敗しても損失が大きくなりにくい点。
週末起業は、大体は個人でできる規模の事業になります。
なので事業をたたむとなっても、そこまでの痛手にはならないことの方が多いです。
仕事を辞めていないので、失敗して収入がなくなった…なんてことにもなりません。

他にも自分のやりたいことにチャレンジして、軌道に乗ったら本業にできるところも魅力ですね。
今の仕事も気に入っている人けれど、起業もしてみたい…という人にもピッタリだと思います。

週末起業のデメリット

週末起業にも、もちろんデメリットはあります。

当然ですが、仕事終わりや土日に自分でビジネスをするのが週末起業。
同じ仕事を本業としている人達より作業時間は少なくなります。
そのため成果が出るまで時間がかかってしまいがちです。
本業にする人の方が身軽に動けるので、その点でも差が出てしまいます。

さらにプライベートな時間を使うことになるので、休める時間が少なくなります。
仕事終わりに同僚や友達と食事をしたり、家族と触れ合う時間が少なくなるかも知れません。

体を休める時間が取れずに、本業に支障をきたすことにも…
副業を禁止している企業がありますが、「正社員としての仕事に影響を出さないため」だったりするんです。

事業主は特に、体が資本といえる部分があります。
体調管理には注意が必要です。

落ちる男性を指差すイメージ
起業で失敗する理由!成功するために知っておきたい4つの行動起業したいけど、失敗はしたくない。そんな人のために、失敗につながりやすい行動と考え方をまとめました。起業で失敗する人には共通点があります。その共通点を先に知って対策しておけば、自然と成功率も上がります。...

週末起業を成功させるコツは?

リスクが低いからといって、考えなしに起業しても成功は難しいです。

まず目標を明確にしましょう。
「1か月に10万円稼ぐ」など具体的な目標を立てれば、必然と今何をすべきかが見えてきます。

また、家族がいる場合は家族からの理解が欠かせません。
週末起業をすると、どうしても家族との時間を奪われてしまいます。
すれ違いが生まれて、最悪の場合離婚を突き付けられるかもしれません。

また軌道に乗るまでは焦らず長い目で見ましょう。低リスクであるからこそ日々の積み重ねが重要です。
とはいえダラダラ続けていると手を抜きがちになるので、期限付きの目標を立てることをオススメします。

週末(土日)起業におススメのアイデア3選!

OKサインを出す女性
週末起業は自分のビジネスなので、何をするのかは自分で決めないといけません。
とはいえ、週末起業を知ったばかりだとアイデアも浮かびませんよね。

元々やりたい仕事があった人は、そちらにチャレンジしてみるのもアリです。

「特にやりたいことはないけど、自分でビジネスを成功させたい」

「自分の店を持ちたい。でもどんな風にすればいいんだろう?」

そんな人向けに、ここでは週末起業にオススメのアイデア3選をご紹介します。

  • ネットショップ運営
  • 教室関係(ワークショップなど)
  • コンサルタント・相談系ビジネス

それぞれどのような特徴があるのか、詳しく解説します!

ドアに掛けられた「OPEN」のプレート
【週末起業も!】簡単に開業(独立)できる事業のポイントとやっておくべきこと実は個人事業主なら、開業届を出すだけで開業できます。ですが実際は、開業のためにさまざまな準備が必要。どうせだったら、楽してスムーズに稼ぎたいですよね。ここでは、そのためにやっておきたいことや簡単に開業できる事業の特徴をまとめました。...

ネットショップ運営

物を販売して収入を得るネットショップ運営。
実店舗を出さないので週末起業の中でもかなり低リスク・低コストです。

スマホの普及によりネットショップを利用するユーザーは増え続けていて、将来性もとてもあります。
流行の商品を人より早く入手できたり安く仕入れることができれば、大きな売上も見込めます。

また手先が器用な人やハンドメイドが趣味の人は、土日に自分で作ったものを売ることでビジネスができちゃいます!
高いモチベーションを維持できて、初めての起業でも自分の強みを生かせるのは大きなメリットになりそうですね。

教室関係(ワークショップなど)

料理教室や書道教室、楽器教室など、自分の得意分野を人に教えて利益を生み出すビジネスです。

自分で営業時間や開催場所をコントロールできるのが、教室関係の強みになります。
週末自分の家で教室を開いてもいいですし、仕事終わりに駅前の貸会議室を借りてワークショップを開いてもいいのです。
社会人は週末の方が通いやすい人も多いので、ニーズにも合います。

教える内容によっては資格や許可が必要な場合があります。
そうじゃない場合でも、資格を持っているとアピールポイントになります。

「子供のころの夢が先生だった」

「本業で上司や後輩から教えるのが上手いと言われた」

こんな人にはぜひチャレンジしてみてほしいビジネスです。

コンサルタント・相談系ビジネス

コンサルト・相談系ビジネスは、特定分野で悩みを持っている人の相談に乗ったりアドバイスをして収入を得ます。
特定分野で専門的な知識を持っている人にオススメのビジネスになります。

自分一人だけで開業でき、開業資金もほとんどかからないため、誰でも気軽に始められちゃいます。
場所もカフェや電話、ビデオ通話などで行えるので場所代もほとんどかかりません!

本業で身に着けた営業スキルを教える営業コンサルタントや、ダイエットコーチング、恋愛相談占い師など…みんな様々なコンサルタント・相談系ビジネスをやっています。
基本的に資格なしで始められるので、自分で新しいコンサルティングを売り込むこともできます。

自分の得意分野に自信がある方は勝負してみてはいかかでしょうか。

まとめ

週末起業は低リスクで始められるのでとてもオススメな起業方法です。

未経験の業種にもチャレンジしやすいですし、自分の得意分野で勝負することもできます。
軌道に乗れば、本業に切り替えることも可能。

ですが起業であることに変わりはなく、事前準備がかなり重要になってきます。
そのためにも、事前にしっかりとアイデアを練っておきましょう!

Checkとそれに向かう矢印
【2020年版】成功したい?それなら絶対オススメの買取フランチャイズ10選!オススメの買取フランチャイズの一覧です。大黒屋やリサイクルマート、銀座PARISといった買い取り販売から、売るナビやキングラム、WAKABAといった買取専門のフランチャイズ、特殊なシステムがあるブランド横須賀やリサイクルマートなど10社をご紹介!...