仕組み・ビジネス

読めば安心!!開業時の不安を取り除くための対処法3選!

HELPの文字

雇用されて働いていれば、困ったときは同僚や上司が助けてくれます。
一人で起業(開業)すれば、仕事はすべて自分判断しこなさなければなりません。

場合によっては相談できる相手が見つからず、マイナス思考になってしまうことも。
起業直後は金銭面などで不安定な部分が多いので、なおさら不安になりますよね。

ここでは、起業前後に抱える不安についてと、その対処法をご紹介します。
不安で一歩踏み出せずにいる人にオススメです。

開業のよくある不安と知っておくべき対処法3選!

コインの上で腕を組んでいる男性
開業すると「給料」という考え方が通用しません。
自分の生活費は、自分で稼ぐのです。

生活できるだけの収入が得られるのか…
軌道にいつ乗るんだろうか…

さまざまな不安を抱えますが、ぜんぶ開業前に分かることではありませんよね。
ある程度の予測を立てることはできますが、結局は自分のやり方次第で変わってしまいます。

もし独立(起業)するかどうかで迷っているのなら、それが一時の感情ではないかしっかり確かめてください。

「今の会社が嫌になった」
「周りの人がやってるから」

といった考えで会社を辞めると、失敗したときの後悔も大きくなります。
準備はしっかり整えてから、実行しましょう!

浅瀬で夕日をバックに両手を広げる人
脱サラして独立するぞー…のその前に!知っておきたい脱サラの現実脱サラで独立することは、大きなリスクが伴います。会社から独立するので、サラリーマンならではの恩恵がなくなります。思わぬところでつまずかなように、サラリーマンでいる間に知っておきたいことをご紹介します。...

資金ってどの位調達すればいいの?

業種ごとにだいたいの相場がありますので、業種が決まっている人はそちらを調べるとイメージしやすくなります。

開業時に必要な資金は、大きく分けて3つあります。

開業資金

開業するために必要な資金のことです。
物件取得費用や内装工事の費用、フランチャイズに加盟する場合は加盟料も入ります。

運転資金

事業を続けていくために必要な資金のことです。
水光熱費や人件費など、売上金額に関係なく毎月固定で出ていく費用になります。
フランチャイズに加盟する場合は、ロイヤリティが入ります。

予備資金

事業が軌道に乗るまでの生活費や、いざというときのためのお金です。
脱サラする場合収入は自分で稼ぐしかありません。ですが起業してすぐ生活できるほど稼げるケースは少ないのです。
大体数か月~1年くらいかかるといわれているので、その間の生活費も用意したいところ。

「業界別審査事典」を活用しよう

金融機関で融資を受けるとき、審査があることはみなさんご存知だと思います。
その審査を行う際に使われているのが、業界別審査事典です。ここには事業ごとの必要費用がまとめられているので、参考にしてみてください。
さらに事業に関する情報も載っているので、起業を考えている業界の動向も分かるんです!

この事典ですがかなり分厚く、お値段もそれなりに高いのですが、大きめの図書館などに置いてあります。
一度探してみはいかがでしょうか。

握手をするビジネスマンの腕
開業時に使える支援とは?フランチャイズでも使える補助金もご紹介!いざ起業(独立開業)しようと思っても、何からはじめればいいのか分からずにいる人も多いのではないでしょうか。開業支援は、公的機関から民間までさまざま。ここでは特に「無料で支援を受けられる」に焦点を当てた制度をご紹介します。...

上手くいくか分からない

結局のところ「やってみなきゃ分からない」の一言に尽きますが、無計画にはじめればいいというものでもありません。

情報の集め方が分からない人は、起業セミナーに参加したり本を読んだりしてみてください。
実際に開業している人から体験談を聞くのも、参考になります。

自分の考えた事業に自信が持てない人は、信頼できる人や専門家に相談してみることをオススメします。
商工会議所や創業支援センターでは、無料相談も受け付けているところもありますよ!

それでも怖くて始められない…という人は「週末起業」をしてみてはいかがでしょうか。
週末起業とは、空いた時間を使って起業することを指します。
負担は増えますが、会社を辞めずに済むので収入が途絶える心配がありません。
「安定した収入がある」という安心感があれば、不安も軽くなるはず。

逆に、事業が軌道に乗るまで副業で生活費をまかなうという方法もありますよ。

ミントの鉢植えとStartと書かれた黒板
週末(土日)起業でビジネスをはじめよう!人気のアイデアも大公開!週末(土日)起業をご存知ですか? 最近、耳にするようになったという人も多いんじゃないでしょうか。 「気軽にビジネスをはじめられる...

開業のアイデアが思いつかない

自室で頭を抱える男性
フランチャイズなら、このような壁にぶつかることもないのですが…。
差別化を図るという意味でも、アイデアは重要なポイントになります。

でも、そんなアイデアが思いつかない。
誰かのマネになってしまう…

そんなとき役に立つのが、マインドマップです。
紙とペンさえあればすぐにできるので、やってみてください。

1:大体真ん中にキーワードを入れる。
起業したい業種や、解決したい問題(悩みごと)など、なんでもOK2:1で書いたキーワードの周りに連想できる言葉を書く
問題(悩みごと)を書いた人は、具体的に何に悩んでいるのかなども書き込みます。
ここで出た言葉は関連性が分かるように、線でつなぎます。

3:2で書いた言葉からさらに連想できる言葉を書いていく
ここでも関連性が分かるように、言葉同士を線でつなぎます。

さらに連想できる言葉があればその外側へ…と広げていきます。

あるていど書けたら全体を見渡してみてみてください。

「案外簡単に解決しそうだ」
「このキーワード、コンセプトに活かせそう」

など、気づくことがあるかもしれません。

この他にも周りの人から意見を集めたり、実際にその商品(サービス)を利用してみるのも参考になりますよ。

こだわりすぎると失敗の原因に!

せっかく自分でビジネスを立ち上げるのですから、こだわりたくなるのは当然です。
むしろ差別化できるものがないと厳しくなる業種もあります。
とはいえ、それには限度があります。

こだわりが強すぎると、開業資金が膨らみ過ぎて運転資金まで回らなくなる危険が。
「レトロな喫茶店にしたい!」といってアンティーク物をそろえても、お客様が来なければ意味がありませんよね。
レトロなデザインの家具などにして、浮いた資金を広告宣伝費に使った方が利益になります。

実際に店内の内装をこだわりすぎたせいで、事業が長続きしなかったという人も多いんです。

開業前に事業計画をしっかり立てることは重要です。
しかしこだわるところを間違えてしまうと、失敗の原因になりかねません。

何事もほどほどが一番ということですね…。

頼れるサポーターが欲しいなら…

ここまで、開業時に感じやすい不安とその対処法をご紹介しました。

一番いいのは、身近に頼れる仲間がいること。
同業の仲間だったり、家族だったり…。中には師匠とも呼べる人が見つかるかもしれません。
そんな人に出会うためにも、人脈を広げることは忘れずに取り組みましょう。
勉強会や交流会に積極的に参加して、さまざまな立場の人と交流することで、人脈を広げていくことができます。

自分のビジネスの宣伝にもなるので、一石二鳥ですよ。

月々の出費は高くなりますが、フランチャイズに加盟するのもオススメ。
すでに知名度のある企業からSV(スーパーバイザー)と呼ばれる人が派遣され、研修やアドバイスなどをしてくれます。
加盟する企業によっては交流会を実施しているところもあるので、同業者同士で情報交換もできますよ。

ただ、本部選びを間違えるとトラブルの原因にもなりかねません。
加盟の際は慎重に判断してください!

ボードに様々な資料を貼って眺める男性
フランチャイズの仕組みとは?絶対に知るべきメリット・デメリット!フランチャイズは本部から経営ノウハウなどを提供してもらって対価を支払うビジネスです。経営に関わったことのない人でも成功しやすいシステムですが、誰でも簡単に成功するとはいえません。ここではフランチャイズのメリット、注意点などをまとめました。...

まとめ

脱サラ・起業をすると、孤独や不安を感じることがあります。
「何だか情けない」と思う人もいるかもしれませんが、それが普通です。

とはいえその感情で頭を一杯にしていると、経営に支障をきたします。
それは正社員でも同じですよね。

人が不安を感じるとき、「理想と現実のギャップを埋めたい」と思っている時なんだそう。
自分の理想とは何か、それを埋めるためにはどうしたらいいのか…
これらを洗い出して行動していけば、必然的に不安も解消できるのではないでしょうか。

Checkとそれに向かう矢印
【2020年版】成功したい?それなら絶対オススメの買取フランチャイズ10選!オススメの買取フランチャイズの一覧です。大黒屋やリサイクルマート、銀座PARISといった買い取り販売から、売るナビやキングラム、WAKABAといった買取専門のフランチャイズ、特殊なシステムがあるブランド横須賀やリサイクルマートなど10社をご紹介!...