仕組み・ビジネス

開業前に必要な準備や手続きまとめ!脱サラ後スムーズ起業するためには?

ONE WAYと書かれた看板

開業(起業)を決意したはいいけど、何から始めればいいのか分からない…

事業内容にもよりますが、物件を取得したり備品をそろえたりと、やるべきことはたくさんあります。
法人か個人事業主のどちらにするかでも、手続き内容などが変わりますしね。

今回はそんな開業(起業)の準備に関する内容を分かりやすくまとめて解説。
ザックリとした流れをつかむことができます!

開業(起業)する前にやっておきたい準備

飲み物を飲みながら勉強
開業にあたって退職を予定している人は、国民年金・国民健康保険への加入手続きが真っ先にあがる準備ですよね。
扶養している家族がいる場合、その人たちも加入する必要があるので忘れずに手続きを取りましょう。

この他にも、開業前にやっておきたいことがあります。
ここでは特にするべきことを3つご紹介!

  • 周囲に相談する
  • 開業資金の準備
  • 情報収集

最低限これだけはやっておきましょう!
それぞれ詳しく解説します。

周囲に相談する

できるだけ早いうちに、周囲の人に開業することを相談しておくことをオススメします。

家族がいるなら、はじめに話しておきたいところ。
起業した人の話を聞いていると、「家族の協力があったからここまでこれた」という人が本当に多いです。

ひょっとすると自分では気付かなかった理由で反対されるかもしれません。
だからといって無断で開業して、もし「失敗して借金が…」となった日には、家族からの信頼はがた落ちに。
関係を悪化させないためにも、正直に話しておきたいですね。

サラリーマンの方は、退職の手続きなどにも関わってくるので、タイミングをみて話しておきましょう。
独立や似た業種での起業を考えている人は、取引先にも話しておけば仕事につながるかもしれません。

情報収集

全くの未経験の業種で開業するなら、調べることは山のようにあります。

開業資金はどのくらいかかるなのか、どんな物件·設備が必要なのか…

古物商のように、資格や届出がないと違反になるケースも多いので確かめておく必要があります。
今の時代、インターネットで検索すればほとんどの情報は手に入ります。
脱サラする前に調べておけば、スムーズに準備が進みますね。

情報収集の際には、周りの人にたずねるのも有力です。
インターネットには載っていない情報が手に入ったり、思わぬ協力を得られるかもしれませんよ!

開業資金の準備

何を始めるにも、初期投資は大切ですし高額になりやすいもの。
開業資金も高くなりがちですが、できれば余裕をもって計画を立てましょう。

開業してすぐ経営が軌道に乗ることはあまりないんです。
脱サラする前に付き合いのあった人が依頼をくれるケースもありますが、長続きしないことが多いので油断は禁物。

赤字の月が続くと余裕もなくなってきますし、生活も厳しくなります。
そんなときにお金の余裕があると安心ですよね。
数か月~半年分の生活費も用意しておくといいみたいです。

備品は中古品を使う、居抜き物件を探すなどの方法で開業資金を安く抑えることができます。
そのためにも、情報収集は欠かさず行いましょう!

開業支援制度やフランチャイズもオススメ!

自分の事業が本当に受け入れられるのか分からない…
効果的な宣伝や経営が難しい…

そう感じる人も多いはず。
結局のところ経験を積んでいくしかないのですが、開業前にある程度不安を解消することはできます。

起業コンサルタントに相談したり開業支援制度を利用すれば、つまづく前に軌道修正ができるかもしれません。
特に開業支援制度なら資格取得などのサポートも行ってくれます。
なので手続きで何度もやり直しになって、計画が遅れてしまう…なんてこともありません。

「開業支援契約」って何?フランチャイズとはどう違うの?新しい起業形態として注目の「開業支援契約」。フランチャイズ契約とは何が違うのでしょうか?開業支援とは、いったいどんなことをしてくれるのか調べてみました。...
売る商品(サービス)に強いこだわりがないのなら、フランチャイズ契約を結ぶのも検討してみてくださいね。
すでに起業している会社の商品(サービス)や経営ノウハウを利用して、お店を経営することができます。
その代わり、毎月ロイヤリティを支払うなどのリスクが大きいため、慎重に判断してください。

机の上に並べたMERITのビーズ
失敗しないために!必ず知るべきフランチャイズのメリット·デメリット!フランチャイズビジネスは上手く使えばメリットの方が大きいといわれていますが、場合によっては廃業の原因になることも。契約を結ぶ前に、慎重に判断する必要があります。そこで今回、フランチャイズに加盟するメリットとデメリットをそれぞれまとめました。...

開業までの流れ

スマホの上でクラウチングスタートをする男性
準備が整ったら、いよいよ開業へ。

法人か個人事業主のどちらで開業するのかによって、必要な手続きが変わります。
さらに法人で届け出を出す場合は手数料がかかるのですが、その金額も出し方などによって変わるんです。

例えば定款認証代
紙で作成して申請すると合計で9万2,000円かかりますが、電子認証で申請すると5万2,000円で済みます。

他にも費用を抑える方法があるのですが、専門的な知識がないと失敗する可能性があります。
自分の状況に合わせて最適な手段を選んでください。

ここでは、法人と個人事業主のどちらでも必ず行う準備についてまとめています。

事業計画書(創業計画書)を書く

事業計画書とは、自分の起業アイデアやコンセプトなどをどう形にしていくのかをまとめたものです。

特に開業するときに提出するものは「創業計画書」と呼ばれていて、「なぜこの事業を始めようと思ったのか」「どんな商品(サービス)を扱うのか」などをまとめています。

日本政策金融公庫が出しているテンプレートはこんな感じ。

日本政策金融公庫の創業計画書テンプレート
「計画書」と聞くと予定表をイメージしますが、少し違いますね。

事業計画書は、事業を行っているときにその内容を説明するために使われます。
例えば追加の融資を受けるとき、審査のために提出します。
創業計画書と違って開業したあとの実績やデータを使えるので、多角的な説明をすることができます。
一方で整合性を取る必要があるので、見栄を張っていると審査が厳しくなることも。

物件を取得する

お店や事務所を用意する予定のある人は、物件探しが必須作業になりますよね。
実は店舗経営を始める人にとって、物件探しは最も時間がかかる作業なんです。
運が悪いと、オープンまで1年以上遅れてしまうことも。

特に立地条件などが売り上げに影響が及ばない事業だったら、はじめは最低限の条件で探しておくことをオススメします。
その分を仕入れや営業などに回し、ある程度事業を大きくしてから移転するとリスクを抑えることができるんです。

自宅をオフィスとして利用できる事業なら、自宅で開業してしまうのもアリかもしれません。

手続きをする

事業内容によっては、資格取得や届け出が必要になります。
うっかり忘れたまま営業していると、最悪の場合刑罰が科せられます。

例えば買取業。
買取業は「古物商許可証」が必要になります。
これを取得せずに営業すると「3年以下の懲役、もしくは100万円以下の罰金」に。
もちろん営業も出来なくなってしまいます。
そうならないためにも、事前の情報収集の段階でしっかり確認しておきましょう!

古い方位磁石
古物商で開業したい!「古物商許可証」について知っていますか?買取業界で出店を考えている人はすでにご存じかもしれませんが、買取業を始めるには「古物商許可証」が必要です。これを忘れて営業すると、最悪の場合懲役になることも…。ここでは、そんな法律的に重大な手続きと、開業前に整えておきたい準備についてご紹介します。...
すべての準備が整ったら、いよいよ開業手続きです!

何度も述べていますが、法人と個人事業主とで必要な手続きは変わります。
個人事業主なら、税務署に開業届を提出するだけで済んでしまうので、とっても簡単。
一方で社会的信用が低い、利益によっては税金が高くなるなどのデメリットがあります。

法人として開業する場合は、税務署に行く前に法務局へ行ったり、定款を用意したり…と、するべきことがなかなか多く、1週間以上かかってしまうことも。
ですが社会的信用を得やすい、資金調達がしやすいなどのメリットがあります。

なのではじめは個人事業主として開業して、事業が大きくなったら法人化する…という方法を取る人が多いようです。

まとめ

開業の準備に必要なことと、その前にやっておくべきことをまとめました。

「案外できそう」と思えるかもしれませんが、いざやってみると大変です。
脱サラを考えている人は、退職のタイミングなども考えないといけません。

行動に移す前に計画を立ててステップごとに進めると、スムーズに準備が進められると思います。
事前準備をしっかり整えて、楽しく開業しましょう!

Checkとそれに向かう矢印
【2020年版】成功したい?それなら絶対オススメの買取フランチャイズ10選!オススメの買取フランチャイズの一覧です。大黒屋やリサイクルマート、銀座PARISといった買い取り販売から、売るナビやキングラム、WAKABAといった買取専門のフランチャイズ、特殊なシステムがあるブランド横須賀やリサイクルマートなど10社をご紹介!...