デメリット

ヤバいフランチャイズを避けるために!絶対に確認すべき4項目

注意喚起の看板

フランチャイズは未経験でも参入しやすいのがメリットですが、事前の情報収集をおこたると、後悔することになります。
全くサポートをしてくれない本部と契約を結んでしまったり、高い解約金を払えず赤字営業を続けることになってしまうケースも…

そうはいっても未経験の世界ですから、情報収集が難航するのは当然のこと。
ここでは、フランチャイズ契約前の情報収集で役立ちそうな確認点をまとめています。

そもそも、どうしてフランチャイズはやばいの?

猫に狙われるネズミ
「フランチャイズだけはやめておけ」
「フランチャイズに加盟するってことは、自ら奴隷になるようなもん」
ネットで検索すれば、こんな趣旨の意見がたくさん出てきます。

最近では、コンビニオーナーと本部との問題がニュースになって話題になりましたね。
それよりも前から、「コンビニの商売方法はえげつない」という声はたびたび上がっていました。

ですが、一方でフランチャイズで成功を収めている人がいるのも事実です。
なぜ、このような違いが出てくるのでしょうか。

本部の立場が強い

フランチャイズビジネスは、法的には「事業主同士が共同事業を行うこと」であって、対等な関係なんだそうです。
ですが実際は、商品や経営方針は本部に指定されていたり、本部の方に決定権が多くゆだねられています。
この状況では、とても平等な関係とは言えませんよね。

実はフランチャイズビジネスは、まだ歴史の浅いビジネスで法整備が追い付いていないところが多いんです。
そのため、まさしくネットで言われている通りの本部が、しれっと混ざっていたり…。
契約についても、本部側は何度もトラブルを重ねて対策を講じてきますから、結局泣き寝入りするしかない…なんてこともあります。

これについて、でできる対策は限られています。

信頼できない本部を選ばない。

これに尽きます。

もしも、契約を結んだ後に契約変更をして不利益をこうむった場合は、「優越的地位の乱用」にあたる可能性があるため、専門家に相談することをオススメします。

軽い気持ちで始めて失敗する

フランチャイズのメリットは何といっても起業のしやすさです。本部の経営マニュアルやネームバリューを借りてオープンするので、気軽に始められます。

ですがその気軽さゆえに、安易な気持ちで始める人も多いんだそうです。
安易な気持ちで始めた人は、向上心がなく本部に頼りきりだったり、テキトーな運営を行ってしまったりで、最終的に失敗におわる確率が高いです。

テキトーなオーナー(加盟店)のもとには優秀な人材は集まりにくいですし、お客様も集まりません。
結果、経営が厳しくなり失敗に終わってしまう…。
そういう加盟店も少なからず存在するそうです。

これは、まず本部の言葉を鵜呑みにしないことが肝心になります。
フランチャイズはビジネスです。本部も「加盟店」というお客が欲しいので、様々な手を使ってきます。
甘い言葉をそのまま信じ、見切り発車で事業を始めないようにしましょう。

加盟店は「これを利用して夢を叶えてやろう」位の気持ちでいいかもしれません。
もちろん、本部と良好な信頼関係が築ければ一番いいですね。

しっかりと現実や将来を見据えて、覚悟を決めてから加盟しましょう。

経験の差で丸め込まれやすい

フランチャイズ加盟を希望する人は、主婦やサラリーマンなど、経営に携わった経験の少ない人が多いです。
それに対して、フランチャイズ本部は企業としてノウハウを積んできているので、いい意味でも悪い意味でも「法の抜け穴」を知っています。
契約書で上手い言い回しをしたり、説明会では「嘘にもホントにも受け取れる言葉」を使ったり…。
あとでトラブルになっても上手くかわせる方法を知っています。

判断材料がなければ、いくら注意しても罠にはまりやすいもの。
契約内容に分からないことがあれば、必ず担当者や専門家に尋ねておきましょう。

また、同業者に知り合いがいるのなら、その人に話を聞くのもアリです。
その道の人間からのアドバイスは参考になりますし、同業者だからこそ知っている情報が手に入るかもしれません。

意外とヤバい!契約前に確認しておくべきこと4つ

目が痛いサラリーマン

開業後に「話が違う!」「いうほど儲からないじゃないか!」となっても、
「あなたサインしたよね?」
で終わってしまいます。
法律で解決をはかっても、「説明が不十分だった」「説明に虚偽の事実があった」等の事実が証明できなければ、要求が通ることはほぼありません。

できれば、書面などの物理的な証拠を残して、言った言わないの水掛け論にならないようにしましょう。

収益モデルや初期費用回収期間の「算出方法」

「月1千万円稼げます!」
「3ヶ月でモト取れますよ」…
そんな夢のような言葉たちですが、それがごくわずかの人たちだけなのか、加盟店全体の事なのか、それによって印象は大きく変わりますよね。

数値関係は、その根拠や割合など、少し踏み込んだ質問をするのが絶対にオススメ!

企業秘密で明かせないデータもありますが、何でもかんでも「企業秘密」で押し通そうとする場合は、注意が必要です。

開業資金・解約時の違約金の金額

「加盟金ゼロ」等、初期費用のハードルの低さをウリにしている本部の中には、その他の費用が高くなっていることが多々あります。
必要経費なのかどうかも含め、事前に確認するようにしましょう。

また、契約更新前に撤退することになった場合、一般的に「違約金」というものが発生します。こちらについても必ず確認してください。
これが高くて支払うことができず、赤字経営を続けたり、訴訟問題に発展したりするケースが多いです。

フランチャイズ契約に注意実はフランチャイズという仕組み自体は、失敗の少ないビジネスです。5年後に事業が継続している割合は60~70%と高めで、成功しやすいからこそ広まっていると言えます。ですがフランチャイズ・ビジネス契約を結ぶときは、特に「解約時違約金」に注意が必要です。...

ロイヤリティと受けられるサポートについて

ロイヤリティの算出方法はもちろんのこと、その対価として得られるメリットも具体的に確認しておきましょう。
それが適正価格なのか知るためにも、複数の資料を比べてみてみることをオススメします。

また、ロイヤリティとは別の名目で支出が発生するケースもあるので、あわせて確認するのがオススメ。

余裕があったら、「赤字のときはどうなるのか」「急な人手不足が発生したときの対応」も確認してみましょう。
赤字補填制度などのサポート体制や、本部からの応援がどのくらい受けられるのかを調べることができます。

本部によっては、オーナーが急病で不在の間は、お店を代わりに運営してくれる場合もあります。

加盟店の裁量はどこまで認められているのか

契約書に書かれているとは思いますが、本部の担当者に確認ができればしておきましょう。

店舗の内外装工事は、指定された業者に依頼しないといけないのか。仕入れについてはどんな指定があるのか…

特に独立志向の強い方は、よく確認してすり合わせておかないと、開業後にトラブルにつながるかもしれません。

出店数が多く、今後も増やしていく意欲が強い本部には、「テリトリー権」についても確認しておきましょう。
「テリトリー権」とは、営業地域を特定する権利のことです。同じ店が特定の範囲内に複数出店されないので、別のお店にお客を奪われるリスクがありません。

ですがこの権利が店舗展開の障壁になることもあるため、条件をつけていたり、そもそも認めていない本部もあります。
有名なところは、「セブンイレブン」。セブンイレブンはフランチャイズビジネスを開始したときから、加盟店側にテリトリー権を認めていません。

それが成功の決め手になったのですが、現在は大きな問題のひとつとなっているようです。

曇りガラスに書かれた「閉店」
フランチャイズ本部のオーナー潰しとは限らない!知ってほしいドミナント戦略についてフランチャイズには、本部によるオーナー潰しの噂が絶えません。事実かもしれませんが、全てがそうとはいえません。特定の地域に集中して出店する「ドミナント戦略」をとっている可能性があります。ここでは、そんなドミナント戦略についてまとめています。...

まとめ

フランチャイズは比較的歴史の浅いシステムで、法整備が追い付いていないのが現状です。

中にはこれを逆手にとって、加盟金だけむしり取って放置するという悪徳フランチャイズも存在します。

変に加盟を急かしたり、会社情報が不十分な企業は注意したほうが良いでしょう。
裁判記録を探してみるのもオススメです。
ネットで検索すると、ここに書ききれなかった注意点も多く出てきますので参考にしてください。

独立起業が苦い思い出にならないためにも、事前の情報収集は徹底的にしてくださいね。

買取店FC総合ランキングオススメの買取フランチャイズ(FC)本部のランキングTOP3はこちらです!経営にどのくらいの自由があるか、開業費用の安さなどを、私たちが総合的に判断してランキングしています。それぞれのオススメポイントも記載しているので、フランチャイズ選びの参考にしてください。...