仕組み・ビジネス

50代のメリットを活かして独立開業!自分を活かして楽しく働こう!

50の形に膨らんだバルーン

70歳まで定年を延ばすという話が出ていますが、まだ「定年退職は60代」という企業もあると思います。

50代も過ぎて、そろそろサラリーマン人生のゴールが見えてきた。
子供もひとり立ちしたことだし、自分の夢を追いかけたい。

でも、50代になって成功できるのだろうか…

そう悩んで、二の足を踏んでいる人も多いのではないでしょうか。
起業(開業)するには覚悟が必要ですが、成功するかどうかに年齢は関係ありません。
50代だからこその強みもあるんです!

そこで今回、50代で独立開業・起業する際に知っておきたいポイントをまとめました。

50代で開業するのってアリなの?

独立しようか悩む男性のイメージ
先ほども述べたとおり、開業するのに年齢は関係はありません。
あえていうなら、起業方法が変わるくらいでしょうか。

50代はこれまでの経験やスキルが、ギュッと詰まっています。
40代の起業の記事でも触れましたが、今まで積み上げてきたものを上手く活用することで成功をつかめる可能性が高いんです。

独立か正社員の分かれ道
【40代必見】起業したいけど不安…今始めるなら買取フランチャイズ絶対おすすめ!40代に入ると将来が見えてきて、独立したいと考える人も多いと思います。でもやっていく自信がない…。フランチャイズならそんな不安を解消できるかもしれません。ここではフランチャイズを選ぶメリットや気を付けるべきことなどをご紹介します。...
さらに40代の人と比べて、子供が一人立ちしているケースが多いので、起業しやすい年代でもあります。

一方で失敗した場合、老後の計画が狂う可能性が高いなどのリスクも大きいため、慎重な判断が必要になります。

独立して充実した毎日を過ごしている人は多い!

アントレが行ったアンケートによると、「独立後の収入は減ったと感じる」人が57.3%いますが、「家族と過ごす時間」「オフの時間」といったゆとりが増えたと感じる人が半数近くいました。
特に「有意義な時間が増えた」と答えた人が60.8%と過半数。
脱サラをすると、お金にかえられない充実感や幸福を得られるようです。

またウィズコロナがもたらす不安定な時代で、ひとつの会社に収入を依存することに不安を覚えている人も多いのではないでしょうか。

さらに年金の受給開始年齢は年々引き上げられていて、定年退職後の収入をどうしようか悩んでいる人もいると思います。

そんなときに自分でお金を稼ぐ手段を持っていると、かなり心強いですよね。
はじめは副業や週末起業で様子を見て、自信が持てそうなら本業に切り替える方法もありますよ!

流されての開業は危険

とはいえ、周りに流されてなんとなくの開業は危険です。
失敗したときのリカバリーが難しいのが、50代で開業するデメリットのひとつ。

当たり前ですが起業したからといって、必ずしも成功するとは限りません。
貯金をすべて投入してしまうと、何らかの理由で取引が止まったときに一気に生活が厳しくなります。
それが老後に備えていたものだったら…悲惨すぎますよね。

リスクを最小限に抑えることは経営の基本ですが、50代からの開業ではなおさら注意が必要です。
「起業しなくても夢が叶うなら、無理にチャレンジしなくてもいいのでは?」というのが、私の個人的な意見です。
周りが独立するから焦っている…という人は、今一度自分の人生設計などを振り返ってみてはいかがでしょうか。

不安な人はフランチャイズなどを利用しよう!

「開業(起業)したいけど、どうしても不安が拭えない…」
そんな人は、フランチャイズに加盟したり、開業支援制度を検討してみてください。

フランチャイズとは、すでに起業している会社の看板や経営ノウハウなどを利用して、その利用料(ロイヤリティ)を支払うビジネスです。
ネットなどでは「絶対にフランチャイズ契約は選ぶな!」といわれることもあるフランチャイズですが、上手く活用すれば独立も夢じゃありません!
同じ業種でも本部によって特色があるので、複数のフランチャイズ企業の資料を取り寄せて比べてみることをオススメします。

フランチャイズの開業資金はいくら必要?起業までに用意すべき金額はコレだ!フランチャイズオーナーになるためには、いくら必要?みんなは資金をどうやって用意しているの?気になるフランチャイズオーナーの開業資金や忘れがちな費用のことまで調べてみました。...

開業支援制度は日本政策金融公庫のものが有名ですが、民間でも利用できます。
手続きのサポートをしてくれたり、開業に関するアドバイスをくれるので安心。
基本的に開業後のサービスは対象外ですが、別途料金で受け付けてくれるところもあります。
屋号などを自分の思い通りに決められるので、「サポートはしてほしいけど、フランチャイズだと制約が厳しい」という人にオススメですよ。

「開業支援契約」って何?フランチャイズとはどう違うの?新しい起業形態として注目の「開業支援契約」。フランチャイズ契約とは何が違うのでしょうか?開業支援とは、いったいどんなことをしてくれるのか調べてみました。...

50代で開業して成功するための3つのポイント

アドバイスをするビジネスウーマン
50代で開業することには、メリットとデメリットがあります。

やはりメリットは、経営に活かせる経験・スキルが多いことです。
ビジネスにおける常識・非常識が分かっていますし、リスクを回避するための行動にもすぐ気付けるのではないでしょうか。
この他にも若い世代に比べて収入が多いので、資金が用意しやすいのもメリットのひとつです。

デメリットにはあまり無茶ができないことや、新しいビジネスにマッチしにくい点があげられます。
先ほどオススメしたフランチャイズには、年齢制限を設けている本部があります。
その場合加盟は難しいので、別の本部を探さないといけません。

ここでは、50代で開業する場合のポイントをご紹介します。

自分の経験を活かせる仕事を選ぶ

50代で開業する最大のメリットは、長いサラリーマン人生で積み上げた経験やスキル・人脈などです。
これらを上手く使うことで、成功率をグッと上げることができます。
独立するのもひとつの方法ですが、世の中のニーズと照らし合わせ、自分の経験を活かせる事業を立ち上げるのもオススメです。

どうしても未経験の事業をはじめたい!という人は、失敗したときのリスクを考えておきましょう。

老後の資金も投入して起業したけれど、資金が底を尽きてしまった…

そんなことになっては、悲惨すぎます。
できれば転職して経験を積んでから起業した方が無難です。

自分の不得意な部分をカバーする方法を見つける

起業というと「すべてを自分でやらなければ…」と思いがちですが、頼れるところは頼った方が成功しやすいです。
例えば喫茶店。料理は得意だけど接客は苦手だという人は、接客の得意な仲間やアルバイトなどにホールを任せて、自分は調理に集中する。
サラリーマンでも、向き不向きにあわせて仕事を振り分けますよね。

調べてみると、経営のために必要な手続きなどを格安でサポート(代行)してくれるサービスもあります。
資金に余裕があるなら、こういったところを利用すると失敗も少なく済みますね。

50代にもなってくると、体力的にも若い人のようにいきません。
その分柔軟に物事を進めていく必要があります。
自分の意見は曲げないけれど、周りの意見も取り入れる人は、成功する確率がグッと上がるはず。

自分のやりたいことにマッチしている仕事を選ぶ

これはどの世代にもいえることですが、自分のやりたいことで開業(起業)することは重要なポイント。
興味のない業種で起業しても、やりがいを感じられず飽きてしまう危険があります。
他にも熱意がお客様に伝わらず、客足が遠のく原因になってしまう可能性も。

そのためにも開業前に、自分が何に向いているかを知ることが必要。
自己分析が苦手であれば、信頼できる友人などに相談すると新たな発見があるかもしれません。

わざわざ脱サラして、楽しくない仕事を選ぶ必要はありませんよね。
せっかく起業するなら自分が好きなことなど、やりがいのある仕事を選ぶようにしましょう。

とはいえ「利益を出せるか」も大切なポイントです。
こだわりをもちすぎたり、やりたいことを優先させすぎるのも考えもの。
お客様の求める商品(サービス)が提供できなければ、商売になりませんよね。
それどころかこだわりすぎたがために、資金が底を尽きてしまって経営できなくなることもあるんです。

「やりたいこと」と「世の中のニーズ」が重なるビジネスを選ぶことが、うまくいくコツになります。

まとめ

50代で開業する際に知っておきたいポイントなどをご紹介しました。

とはいえ「脱サラして成功する」といっても、その条件は人それぞれ。
家族との時間が増えればいいという人もいれば、収入が倍以上になればいいという人もいるのです。
これはどのタイミングで起業するとしても変わりません。
あなたにとって、「起業してどうなれば成功なのか」を考えてみてください。

Checkとそれに向かう矢印
【2020年版】成功したい?それなら絶対オススメの買取フランチャイズ10選!オススメの買取フランチャイズの一覧です。大黒屋やリサイクルマート、銀座PARISといった買い取り販売から、売るナビやキングラム、WAKABAといった買取専門のフランチャイズ、特殊なシステムがあるブランド横須賀やリサイクルマートなど10社をご紹介!...