仕組み・ビジネス

開業後の気のゆるみに注意。セルフマネジメントに失敗すると業績悪化も

セルフマネジメントに失敗すると一気に業績は悪化するかも

フランチャイズで開業した場合、基本的には自分がオーナーとなり、会社から管理されることはなくなります。
そのため、やるべきことを後回しにしてしまい、仕事とプライベートの境界線があいまいになってしまうことも。

開業後に安定した利益を得たいのなら、仕事とプライベートにメリハリをつけるよう充分に注意していくべきなのです。

スケジュール管理が自由だと、ルーズになりやすい

フランチャイズのスケジュール管理
開業して「誰からも管理されない状態」になると、仕事を後回しにしがちです。
しかし、多くの仕事を後回しにすると、いざ業務を行おうとしても意欲がわかず、仕事もルーズになってしまうかもしれません。
意欲が低下すれば、さらに仕事は後回しになるでしょう。

もちろん、取引先からの信頼も失われるため、業績は悪化することになります。

「上司のいない状態」はサイコーだけど

フランチャイズで開業すると、多く場合は自分が経営者となり、会社から管理されることがなくなります。
場合によっては働く時間や場所までも自由になります(業種によっては場所や時間にしばりはありますが…)。

場所や時間が自由になるということは、「いつどこで働いてもいい」ということです。
例えば、仕事を深夜に回して、日中は遊んでいることも可能です。
もちろん、やる気が起きない日は、全く仕事をしなくても問題ありません。

開業のメリットとして、「働く時間や場所が自由」というのがよく挙げられます。
しかし、「働く時間や場所が自由」だからこそ、自己管理がルーズになりやすいというデメリットもあるのです。

監視の目がないと、仕事を後回しにしがち

特に、自分に甘い性格の人は、やるべきことを後回しにしがちです。
中には顧客と取引をしているにも関わらず、仕事を後回しにしてしまい、納期に遅れるという開業者もいます。
しかし、このような事態が何度も起きると、大きく信頼を失ってしまいます。

ビジネスの場において納期に遅れる、約束を守らないということは致命的です。
すぐにウワサは広まり、顧客は離れてしまうでしょう。

このように、やるべきことを後回しにして、自己管理に失敗してしまうと、開業後の利益をも大きく左右してしまうのです。

開業後にセルフマネジメントするための工夫とは

開業後はタスク管理が大切
開業後に安定した利益を得るためには、セルフマネジメントすることが大切です。
しかし、人間はラクなほうに流されがちです。ずるずるとサボってしまう可能性は、誰もが持っているわけです。
だからこそ、「自分で自分を管理するための工夫」を、知ることが大切です。

ここからは、そんな「自分で自分を管理するための工夫」について、提案します。

「1日のタスク」を決めて管理する

前日のうちに「明日やるべきタスク」を決めて、翌日は淡々と実行すれば、無駄な時間は無くなるでしょう。

漫然と考えるのではなく、パソコンのメモ機能や紙のスケジュールを利用してきちんと箇条書きしておくほうがいいです。
「今日は何をしようかな」「お客さんが少ないな」などと考えているうちにあっという間に無駄な時間が過ぎてしまうことでしょう。

例えば買取店舗なら「明日は本部に連絡する」「求人広告を発注する」「仕入れた商品に値段をつける」「収支計画表をつくる」などと、毎日、タスクを決めて優先順位をつけておきます。
そしてタスクを達成したら、チェックしたり、線を引いたりして打ち消しておきます。
やるべきことを可視化することで、時間を節約することができます。

「1日のタスクを決める」ことを習慣化して、達成できなかったときは、次の日やるべきことに記載する。
これを繰り返すことで、自然と納期は守られ、やるべきことをうっかり忘れてしまうというようなミスも防ぐことができます。

仕事着に着替える

まずは形から入ることも大切です。

フランチャイズチェーンの制服がある場合はいいですが、私服での勤務では気持ちの切り替えがうまくいかないことがあります。
だらしない恰好や清潔感のない姿ではお客様に与える印象も最悪です。
仕事中は必ず仕事着に着替えるようにしましょう。

「仕事のときは必ず襟のついたシャツを着る」「上半身は白、パンツは黒で統一」などのルールを決めるのもいいでしょう。
朝、服装に迷う時間も無くなり、一石二鳥です。
この際、オリジナルのTシャツやエプロンを作ってしまうのもいいアイデアです。
ネットで検索すれば、オリジナルのTシャツやエプロンも少ない数から手ごろな価格で発注できる業者がたくさん見つかります。

訪れたお客様にとっても、誰が店員なのかすぐに分かるというメリットもあります。
デザインを工夫することで、店舗の雰囲気もよくなり、店名をアピールすることもできます。

まとめ

開業後は雇われる働き方から、自由な働き方へと変わります。
開業したばかりのころは緊張していますが、慣れてくるとついつい自分に甘くなってしまいがちです。
仕事へのルーズな姿勢はお客様にも伝わり、利益にも響いてしまうでしょう。
そのため、「1日のタスクを決める」「仕事着を決める」などの工夫でメリハリをつける工夫が大切です。

自分なりのルーティンを決めてセルフマネジメントするようにしましょう。

買取店FC総合ランキングオススメの買取フランチャイズ(FC)本部のランキングTOP3はこちらです!経営にどのくらいの自由があるか、開業費用の安さなどを、私たちが総合的に判断してランキングしています。それぞれのオススメポイントも記載しているので、フランチャイズ選びの参考にしてください。...