デメリット

買取業ならではのFC失敗例は?対策を立ててリスクを回避!

床に落ちて割れたお皿

買取業は、経験と信用がとても大切なため、未経験者が参入するのは難しいもの。
フランチャイズならそのハードルを下げることができます。
とはいえ、起業である以上、リスクが高いことに変わりはありません。
確認をおこたったり、思わぬミスが原因で閉店せざるを得なくなることも…
ですが、フランチャイズは「事業者同士の契約」とみなされるので、閉店するのも簡単ではありません。

ここでは、実際にあった失敗談や対策をまとめています。

買取業ならではの失敗事例3つ

露に濡れる蜘蛛の巣
フランチャイズとはいえ、もし失敗するとそのダメージはあなたが受けることになります。
経営が悪化している中、誤ってニセモノを買い取ってしまったがために閉店に追い込まれた…なんて話も。

ここではそんな買取業ならではの失敗をご紹介します。

ニセモノを買い取ってしまった

お客様も知らなかったならまだしも、ニセモノと偽って買い取らせようとする悪徳業者も実在します。
鑑定書を偽造したり、一部分だけ本物を使用したり…と、あらゆる手段を使ってきます。
あるお店では、ダイアモンドだと思って買い取ったアクセサリーが、実はよく似た人工宝石だったということがあったそうです。

買取業のフランチャイズでは、商品は本部が買い取るシステムをとっている本部もあります。ニセモノだった場合、本部が買い取ってくれず、お客様に支払った金額だけ損になってしまった…なんてことも。

盗品を買い取ってしまった

貴金属やブランド品というだけあって、盗品を売って稼ごうとする不届き者も多いです。
犯人が捕まったとしても、お金が返ってこない…なんてこともザラ。
買い取った商品も、基本的に持ち主に返還することになるので、「お金が出ていっただけ」という悲惨な結果に終わることも。

買い取る際には、お客様に怪しい部分はないか、入手経路に不審な点はないかといった点の確認を行いましょう。
もし怪しかったら、断ったり、場合によっては通報も視野に入れなくてはなりません。

本部の研修・サポートが不十分だった

これはどの業種にも言えますが、買取業は特にそうです。
審美眼や経験がものをいう仕事なので、未経験者が一人で経営するのは厳しいからです。

派遣された担当者が、業界未経験者だった…なんてひどい話もあります。
契約を結ぶ際は、具体的な教育体制やサポート内容などを確認するようにしてください。

注意喚起の看板
ヤバいフランチャイズを避けるために!絶対に確認すべき4項目フランチャイズは未経験でも始めやすいメリットがありますが、事前の情報収集をおこたると、「ヤバい」本部にだまされて後悔することになるかもしれません。 ここでは、フランチャイズ契約前の情報収集で、役に立つ確認点をまとめています。...

失敗しないためにはどうしたらいい?

ソファに隠れる子ども
買取業はお客様にお金を払う特殊なシステムのため、それが原因で閉店に追い込まれることもあります。
フランチャイズだと、損失分を補填してくれるプラン等もあるため、自力で開業するよりかは安心ですが、油断はできません。

ここでは失敗例の対策をご紹介します。

ニセモノを買い取らないためには?

自分の技術を磨いて、ニセモノを見抜く力を養いましょう。
入手経路や身元におかしな点はないか確認するのも有効です。

最近では、AIを用いて真贋を判定するシステムを導入している本部もあります。他にも、ウェブカメラで確認してもらえるフランチャイズ契約もあるので、不安な場合はそちらも参考にしてください。

買取店FC総合ランキングオススメの買取フランチャイズ(FC)本部のランキングTOP3はこちらです!経営にどのくらいの自由があるか、開業費用の安さなどを、私たちが総合的に判断してランキングしています。それぞれのオススメポイントも記載しているので、フランチャイズ選びの参考にしてください。...

盗品を買い取らないためには?

これは、あなた自身の観察眼や普段からの情報収集が大切になります。
近くで盗難があったと情報があれば、注意して買取業に当たることができますよね。

また、「怪しい行動って何だ?」と思ったら、犯人の立場で考えるのも手です。
あまり考えたくない事ですが、盗品を売ろうと考えたとき、あなたはどうしますか。
身元をごまかそうとしたり、知人のいない場所で売ろうとしたりしませんか。
そういったおかしな点に気付いたら、それとなく確認してみましょう。

ただし、疑いすぎるとチャンスを逃すので、ほどほどにしてくださいね。

本部のサポート・研修は具体的な内容を確認!

説明会では、当然ですが本部は聞こえのいい言葉を並べます。
それらを聞いているうちに、「私でもできるかも!」と、不思議と自信がわいてくるんですよね。

でも、フランチャイズ契約を結ぶ前に、一度冷静に考えてください。
本部がそう言い切る根拠は何か、あなたは言えますか?
あなたが、このプランならできると思った理由は言えますか?
もしぼんやりとした根拠だったら注意が必要です。

また、サポートについても同じことが言えます。
「お金を払えば専属のアドバイザーが付きますよ」と言われても、そのアドバイザーが使い物にならなかったら、お金のムダ。
自分にあったサポート体制を選ぶようにしてください。

まとめ

以上、買取フランチャイズならではの失敗例と、その対策方法でした。

失敗は誰にでもあります。
思わぬ落とし穴にはまってしまい、借金を抱えるリスクだってあります。これは、フランチャイズでも個人でも変わりません。
「本部のサポートがあるから大丈夫」
「フランチャイズなら安心」
なんて油断をせず、地道な努力を続けていくことが成功へのカギです。