仕組み・ビジネス

【脱サラ必見】フランチャイズを始める前に知っておくべき基礎知識

ビジネススタートのイメージ画像

脱サラして経営者になることに、憧れている人は多いのではないでしょうか。
一方で

「経営のスキルに自信が持てない」
「すべて自分でやらなくちゃいけない」

などの不安を抱えている人もいると思います。

そんな人にはフランチャイズがオススメ!
初めての起業でも安心のサポートを受けられるので、廃業しにくいといわれているんです。
ですが事前の調査などをおこたると、「赤字なのに撤退することもできない」なんて悲惨なことになるかもしれません。

ここでは、フランチャイズを始める前に知っておきたいことをまとめました。
契約から開業までの流れもありますよ!

始める前に知っておきたい!フランチャイズって何?

メリット・デメリットを秤にかけて考えるデッサン人形
まず、フランチャイズについてご説明します。

フランチャイズとは、ビジネスの仕組みのひとつです。
本部は加盟店に対して、商標の使用権や経営ノウハウなどを提供します。
そして加盟店は本部にその対価(ロイヤリティ)支払います。

アメリカで生まれたビジネスですが、日本に上陸したのは1960年代。
コンビニ業界が有名ですが、いろんな業界でフランチャイズが導入されています。

一方で本部と加盟店との間でトラブルも増えていて、中小企業庁がパンフレットを出しています。
主に本部の説明が不十分だったり、加盟店がよく理解しないで契約を結ぶことが原因になっているケースが多いんだそう。
自分で調べられることは調べたり、納得いくまで説明を受けて理解できるよう努めることが、トラブル回避のポイントです。

フランチャイズのメリット

加盟店側のメリットは、何といっても経営の初心者でも始めやすいところ。
本部が持つブランドや商品、経営のノウハウなどが利用できるので、自力で開業(起業)するよりも手間や時間がかからず成功しやすいんです。

例えば買取業を始めるには、古物商許可証を取得しないといけません。
自力で取得しようとすると、手違いがあったりして面倒なことになる場合もあります。
フランチャイズなら本部のサポートを受けながら取得申請ができるので、スムーズに開業準備を進められるんです!

さらに本部から道具をレンタルするなどして、少ない資金で開業しやすいのも嬉しいポイント。
何を用意すればいいのか分からないという人も、本部からアドバイスをもらいながら揃えられます。

机の上に並べたMERITのビーズ
失敗しないために!必ず知るべきフランチャイズのメリット·デメリット!フランチャイズビジネスは上手く使えばメリットの方が大きいといわれていますが、場合によっては廃業の原因になることも。契約を結ぶ前に、慎重に判断する必要があります。そこで今回、フランチャイズに加盟するメリットとデメリットをそれぞれまとめました。...

フランチャイズで注意するべきポイント

フランチャイズの契約は、本部の立場が強くなりがちです。
ですが法的には双方の立場は平等で、加盟店は独立した事業主という扱いになります。

どういうことかというと、「契約前と話が違う!」と思ってもすんなり解約できないんです。
大体の本部は、途中で解約する場合のルールとして「違約金」を設定しています。
この違約金がとても高く、よく法的トラブルまで発展してしまうんだとか。

中小企業庁が出した「フランチャイズ事業を始めるにあたって」というパンフレットには以下のようにあります。

「すぐに利益があがる」といった楽観的な見通しは持つべきではありません。事業であるからにはリスクがあることを認識し、その心構えを怠ってはいけません。
そのためには、加盟契約の前に、例えば契約を解除する場合の条件など、契約の内容をよく理解し、加盟者にかかる義務や責任をきちんと確認しておくことが重要です。

中小企業庁「フランチャイズ事業を始めるにあたって」

中にはオープンだけさせて、あとはほったらかし…なんて本部もあります。
そういった悪徳業者につかまらないためにも、本部選びはしっかりと行いましょう!

座り込み、不機嫌な顔のイラストで顔を隠した男性
契約違反で数千万?!フランチャイズで多いトラブルと知っておくべき対処法まとめフランチャイズビジネスでは契約違反からくるトラブルも多いです。ですが経営などの経験が少ない人には「何のこっちゃ」と思うものも。このページでは、そんなフランチャイズビジネスで見落としたくない契約違反やトラブルについてまとめています。...

フランチャイズでオープンする4つのステップ

フランチャイズのコンビニ イメージ
メリットやデメリットなどを見比べて、「フランチャイズで起業しよう!」と決意された方!

ここでは、フランチャイズを始めるための4ステップをご紹介します!
加盟の流れは業界や本部によって微妙に変わりますが、共通して踏むべき手順があります。
事前に知っておけば、準備もしやすくなりますよ。

  1. まずは情報収集
  2. 契約する本部を選ぶ
  3. 契約
  4. オープン!

各ステップで押さえておくべきポイントもまとめましたので、見ていってくださいね。

1.まずは情報収集

先ほども述べた通り、フランチャイズシステムはいろんな業界にあります。
同じ業界でも、本部によって契約内容や開業資金などが違うんです。

いくつかのプラン(パッケージ)を用意しているところもあるので、自分に合った契約を探すようにしましょう。

情報収集の手段はさまざま。
説明会に参加するのはもちろん、インターネットで調べたり、自分でお店に足を運ぶのも参考になりますよ。
説明会に参加する場合は、担当者の対応がしっかりしていたかもチェック。

質問に対して答えてくれたか
渡してくれた資料に不足している情報はないか

加盟希望者への対応ですら不誠実だった人が、契約後は誠実になるとは考えにくいですよね。

また自己分析も大切です。
自分の得意なものとそうでないものが分かっていれば、業界を選ぶ手がかりになります。
他にもライフスタイルや調達できる資金など、あらかじめ把握しておくと次のステップも滞ることなく進みやすいですよ。

2.契約する本部を選ぶ

フランチャイズにおいて、本部選びは重要なポイント。
契約する本部次第で、成功率が変わるといっても過言ではありません。

判断基準はいろいろありますが、ここではその一例をご紹介します。

周りに勧められる商品やサービスか

競合他社が出している商品(サービス)より優れたところがあるのか…
次代のニーズに合わせた商品(サービス)を新しく出しているのか…

加盟店は商品開発に関わることは、あまりありません。
だからこそ本部の持っている商品(サービス)が売れるかどうかは、見逃せないポイントです。

どんなサポートを受けられるのか

サポート内容は、本部によってバラつきがあります。
全く経験のない業種での起業を考えている人は、ゼロから学ぶことになるため、本部のサポートが手厚くないと経営が難しくなります。

自分に合ったサポートを提供してくれる本部を選ぶことが大切。

収益モデル(売上予測)

本部は加盟希望者に、収益モデル(売上予測)を提示します。
ですがこの収益モデル(売上予測)はあくまで予測。中には事実とかけ離れたデータを提示するところもあるんです。

どんな条件でのデータなのか
どんな収支項目が入っているのか…

数値関係はその根拠まで確かめておくことで、リスク回避につながります。

3.契約

フランチャイズビジネスは事業者同士の契約という扱いなので、クーリングオフ制度などは使えません。

リスクもあると考えた上で契約しましょう。
加盟後にトラブルになる原因のひとつが、この段階での確認不足です。
分からないところがあったら、理解できるまで確認します。
契約書を持ち帰ってじっくり考えるのも、ひとつの手ですよ。

また、契約前に本部社員との面談が設けられているのが一般的です。
前の段階で分からなかったことは、ここで質問しましょう。
例えば、開店後に定期的に本部から派遣されるSV(スーパーバイザー)は、その業界に詳しい人なのか。
オープン後の研修会はどのような形で行われるのか、また交通費はどちらがもつのか。

疑問は解消した状態で、契約するようにしましょう。

契約書
不利なフランチャイズ契約を回避するためには?絶対に確認したいポイント!フランチャイズ契約は、事業主同士の自己責任です。そのためクーリングオフ制度などが使えません。今回は、契約の前に知っておきたい基礎知識や、見ておきたいポイントをご紹介。「契約」になじみのない方でも分かりやすいよう解説します。...

4.オープン!

契約が結ばれると、開業準備に入ります。
契約を結ぶタイミングで加盟金を支払うシステムのところもあるので、事前に準備しておきましょう。

オープン前の準備は設備や従業員の確保、人材教育などすることがたくさん。
ですが本部からのサポートがあるので、自力でオープンするよりも負担は軽いはずです。
さらに本部の知名度があるので、開店時の集客もある程度期待できます。

とはいえ「自分はオーナーである」という自覚は忘れないでくださいね。
フランチャイズで成功するためには、加盟店の行動が欠かせません。
本部は親身にサポートをしてくれますが、あくまでもサポート。何かあった時の責任は、自分に返ってきます。
「どうせ本部がなんとかしてくれる」など、油断はしないようにしましょう。

まとめ

フランチャイズで開業するメリットや大まかな流れをご紹介しました。

自力で始めるより成功率が高いといわれている起業方法ですが、同時に法整備が追いついていないともいわれています。
フランチャイズを始める場合は、事前の情報収集が肝心。
自分にとって最善な選択ができるように準備を進めましょう!

Checkとそれに向かう矢印
【2020年版】成功したい?それなら絶対オススメの買取フランチャイズ10選!オススメの買取フランチャイズの一覧です。大黒屋やリサイクルマート、銀座PARISといった買い取り販売から、売るナビやキングラム、WAKABAといった買取専門のフランチャイズ、特殊なシステムがあるブランド横須賀やリサイクルマートなど10社をご紹介!...