仕組み・ビジネス

【保存版】フランチャイズならではの初期費用の項目って何?

何かビジネスを始めるとき、必ず必要になるのが「初期費用」
特にフランチャイズでは、自力で起業する場合よりも高額になりがちです。

それだけに、その内訳や相場は気になるところ。

ここでは、フランチャイズ・チェーンに加盟する場合ならではの必要資金を調べてまとめました。
ぜひ参考にして、本部選びの参考にしてください。

フランチャイズビジネスの初期費用には何がある?


フランチャイズは未経験でも開業できるシステムが確立されている分、初期費用は高くなります。
というのも、必要な初期費用にも種類があるからです。

そこで今回は3つご紹介します!

加盟金・保証金

フランチャイズ参入の初期費用として最初に必要となるのが「加盟金」です。
フランチャイズに加盟する時に支払うお金のことで、フランチャイズ本部から得られるサポートやノウハウの使用料といっても良いでしょう。

金額はフランチャイズ本部によって異なり、分割できたり、0円でスタートできる本部もあります。

店舗を加盟店が用意する業態の場合、197万円が平均額のようです。

フランチャイズビジネスを始めたい業種の相場がいくらなのか、しっかりとリサーチしましょう。

知名度の高いフランチャイズ本部ほど加盟金は高くなりますが、その分オープンと同時にお客さんが来てくれる確率は高いので、安ければ良いというわけでもないですね。

また、契約を終了することになったとしても加盟金は返金されません。

「保証金」も加盟金と同じく初期費用として支払うものですが、こちらは売り上げ不振などで仕入れ代やロイヤリティが払えなかった時の担保になります。

こちらは未払いなどがなければ契約終了時に帰ってくるお金です。

部屋を借りる時の保証金と同じですね。

散らばったドル札
【起業したい人必見】フランチャイズの保証金・加盟金について徹底解説!フランチャイズチェーンに加盟するときによく聞く「加盟金」と「保証金」について、返還の可能性や注意点などを、それぞれ解説。加盟店側から見る大きな違いは返還の有無。一般的に保証金は返還され、加盟金は返還されません。この他例外も含めて解説します!...

広告宣伝費

新規開店を知らせるチラシやWEB広告、看板などに必要な費用です。

オープンの際は大々的に宣伝しますので、普段よりも費用が必要です。

宣伝したのにもかかわらず効果が無い場合、何度も広告を出すこともあるので多めに見積もっておきましょう。

フランチャイズでは、本部が広告含めた宣伝活動を代行してくれるケースが多くあります。

費用は業種によって変わりますが、本部と加盟店でお互いに出し合って負担するのが普通です。
自分のお店だけでなく、フランチャイズチェーン全体のに関わる宣伝費も分担することにはなりますが、大手フランチャイズチェーンならテレビCMなども流れるのでかなりの費用対効果が見込めます。

フランチャイズ本部と加盟店みんなで宣伝費を出し合うので、大規模な宣伝ができるということなんですね。

また宣伝は本部に任せ自分は営業に専念できるのも大きなメリットといえます。

相場は30万~300万円といったところです。

研修費

正式には「開業前研修費」といって、加盟店が開業前に運営ノウハウや商品知識などを得るために本部の施設などで行う研修に必要な費用のことです。

加盟金に含まれている場合がほとんどですが、別途定められていることもあり。
本部によっては、無料で研修を受けることができるケースもあります。

研修の際必要な交通費やホテル代は加盟店側が負担するのが一般的です。

期間は一週間で終わる場合もあれば2か月と長期にわたる場合もあり、長期の場合は結構な負担に。

業種によって0~300万円必要になります。

不明な部分は必ず本部に確認!

資料などで疑問に思うことや不安になったところは必ず本部に確認しましょう。

説明会などにも参加することをおすすめします!

資料には乗っていない具体的な話も聞けることでしょう。
説明会は無料ですし、このご時世オンライン面談も多く交通費もかかりません。

失敗しないためには、できるだけ情報を集めることが肝心ですよ。

Checkとそれに向かう矢印
【2020年版】成功したい?それなら絶対オススメの買取フランチャイズ10選!オススメの買取フランチャイズの一覧です。大黒屋やリサイクルマート、銀座PARISといった買い取り販売から、売るナビやキングラム、WAKABAといった買取専門のフランチャイズ、特殊なシステムがあるブランド横須賀やリサイクルマートなど10社をご紹介!...