仕組み・ビジネス

フランチャイズの初期費用を徹底分析!開業資金が安い買取店BEST3

一般的にフランチャイズの場合、個人で開業するよりも初期費用は大きくなりがちです。
加盟金や研修費用などフランチャイズならではの費用が必要なこと、フランチャイズ本部が求める立地条件の物件、店舗面積、内装、備品を用意するために費用がかかってしまうなどの理由があります。
比較的低資金で開業できるといわれている買取店フランチャイズの場合、実際にかかる費用を調べてみました。

買取店フランチャイズを開業するまでに必要な初期費用

フランチャイズのお店
一般的にフランチャイズで開業するために必要な初期費用は平均で2000万~3000万円。
数千万円単位の資金を個人で用意することは難しいため、銀行や公的機関の融資を受けるケースが多いです。
一方、買取店フランチャイズの初期費用は大体300万~5300万円。
初期費用は店舗の規模に比例するので、小規模な店舗で誰も雇わずに営業すれば出費を抑えることができます。
逆に買取専門店だけではなく、買い取った商品の販売も同時に行う場合は、必要な金額は高くなりがちです。
陳列のためのスペースが必要で、店舗が大規模になること、接客のためのスタッフを雇用することなどが原因です。
また、オープン時に販売用の在庫を用意しなければいけないため、商品を仕入れる資金も必要となります。

買取店フランチャイズ初期費用の内訳

フランチャイズの初期費用

加盟金 0~400万円

研修費などの必要経費を含んでいる場合もあり、高いからと言って相場から外れているわけではありません。
それぞれのフランチャイズごとに加盟金には根拠があるので、金額に含まれる内容をきちんと確認しましょう。
加盟金には商標などのマークを使用できる権利も含まれているため、知名度の高いフランチャイズほど加盟金も高くなる傾向があります。

施工・内装工事費 30万~700万円

フランチャイズの場合、チェーンごとに統一されたデザインがあり、仕様に合わせて、内装を整える必要があります。
店舗面積が狭いほど、リフォームのコストは抑えることができます。
フランチャイズ本部による内装工事業者の指定が無く、オーナーが自由に選べる場合は、数社から見積もりを取り、値下げを交渉するなど費用を節約することができます。

広告宣伝費 30万~300万円

新規オープンを知らせる新聞折り込みチラシや看板、WEB広告などにかかる費用です。
オープンの際は集中的に宣伝するため、通常よりも費用がかかります。
効果が無い場合、繰り返し広告を配布する場合もあり、多めに見積もっておいたほうがいいでしょう。

研修費 0~300万円

買取店の場合は、ブランドの真贋を鑑定する技術を習得する必要があるため研修は必須です。
この査定のノウハウこそが買取店フランチャイズに加盟する最大のメリットと言えるでしょう。
マニュアルを読むだけでは伝わらないため、座学や店頭での実地研修を組み合わせて研修することが多いようです。
オープン後に本部スタッフが常駐して、実際に開業しながら研修するフランチャイズ本部もあります。

その他

備品

什器や備品をそのまま使える居抜き物件の場合は、費用を低く抑えることができます。
買取だけではなく、販売もする場合は商品を陳列するショーケースや接客カウンターも必要で備品購入費はアップします。

物件取得費

店舗の規模によって大きく変わります。
無店舗営業の場合、自宅を利用できるので物件取得費は用意する必要がありません。
駅前や繁華街などの好立地で、面積が広いほど金額は上がりますが、契約の際に大家さんに家賃の値下げを交渉すると意外に応じてもらえることがあるようです。
月々数千円の値引きだとしても、必ずかかる固定費を節約することができるので、ダメ元で打診してみましょう。

初期費用の安さランキングBEST3

ランキング1位 ブランド横須賀 独立開業支援
フランチャイズではなく開業支援のためオーナーの自由度が高く、無店舗での開業が可能です。加盟金も必要ないため、初期費用を格段に抑えることができます。
物件や備品についても本部からの指定がないため、居抜き物件や中古の備品を使い節約することができます。リスクが少ないため、若い人や主婦のビジネスとして、またサラリーマンの副業としての開業もおすすめです。
初期費用の安さ
開業までの総額(概算) 300万~839万
本社 株式会社TRA
本社住所 神奈川県横須賀市若松町1-8泉ビル2階

詳細ページ公式ページ

ランキング2位 キングラム
キングラムでは他業種からの業態変更も可能です。
すでにカフェや中古車販売などの店舗を持っている場合はインショップとして店内の一角で営業することもできます。
ひとつの店舗内で多形態で営業することで、集客の相乗効果が生まれるという効果もあります。
初期費用の安さ
開業までの総額(概算) 408万~815万以上
本社 株式会社 ベストバイ。
本社住所 大阪府大阪市中央区城見1-2-27 クリスタルタワー10F

詳細ページ公式ページ

ランキング3位 わかばWAKABA
省スペースで開業できるため、物件取得費や工事費などの経費を抑えることができます。業界経験5年以上のベテランSV(スーパーバイザー)がオープン後2週間は常駐するため、1人で開業する際も安心です。開業当初は応援スタッフがあるため、事業が軌道に乗ってから、徐々にアルバイトを増やしていけば初期費用はかかりません。SVのサポートなど研修費は加盟金250万円に含まれています。
初期費用の安さ
開業までの総額(概算) 514万~1,261万
本社 株式会社フォーナイン
本社住所 東京都台東区上野1-11-9 イマスサニービル7階

詳細ページ公式ページ

買取店FC総合ランキングオススメの買取フランチャイズ(FC)本部のランキングTOP3はこちらです!経営にどのくらいの自由があるか、開業費用の安さなどを、私たちが総合的に判断してランキングしています。それぞれのオススメポイントも記載しているので、フランチャイズ選びの参考にしてください。...