仕組み・ビジネス

初期費用をおさえたい人必見!加盟金ランキングTOP9!

積み木で作った表彰台

フランチャイズに加盟するときに、必要な加盟金。
業種や業態によって金額は大きく変わり、加盟するために100万円以上かかるプランもあります。
でも最近は加盟金0円のプランも増えていて、気になっている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回、加盟金の負担が低いフランチャイズ本部を調べてみました。
ランキング形式でご紹介しますので、本部選びの参考にしてみてください。

加盟金って何?0円の本部は危ないの?

読書をするサボテン
まず加盟金の役割についてですが、契約金の他にもロイヤリティ(使用料)の前金という役割もあります。「オープンするまでのサポート料」みたいなものでしょうか。研修費を加盟金に含めている本部もあるみたいです。
具体的な役割は本部によって違うので、契約書や法定開示書面などで確認してくださいね。

そんな加盟金がタダだったら、魅力的ですよね。
でも、怪しいカラクリが隠れているような気もして怖い…
そんな人も多いはず。確かに、タダにした加盟金分は別の名目で回収している本部が多いです。
ありがちなのが、加盟金はタダだけどロイヤリティが高いパターン。初期費用が少なく開業しやすい一方で、経費がかさみ赤字になるリスクがあります。この場合、安定した利益が本当に出せるのか、見極めてから加盟すると安心です。

他にも、加盟金は0円にするのが一般的な業種もあります。
業種にこだわりがないなら、そういった業種を検討してみてはいかがでしょうか。

帯付きの万札
【フランチャイズ加盟】保証金・加盟金って何のためにあるの?フランチャイズに加盟する際、よく出てくる「保証金」と「加盟金」。何のための支出か、ぼんやりした理解のままになっていませんか?今回は、知っておいて損はない「保証金」と「加盟金」について詳しく解説します。本部とのトラブルを回避するためにも役立ちますよ!...

加盟金で失敗しないためには?

初期費用の安さで、本部を選ぶのはもちろんアリです。
開業するまでのハードルが低くなりますし、万が一廃業するときの損失も少なく済みます。融資を受けずにすめば、月々の返済金も発生しません。
初期投資が少ないので、早く元が取れます。

でも一番大切なのは、「金額に見合った対価があるか」です。
いくら加盟金がタダでも、満足できるサポートが受けられなかったら意味がありません。フランチャイズの契約は「独立した事業主同士の契約」なので、簡単に解約はできません。契約期間中の解約は、基本的に違約金が発生します。そうなったら、結局お金を払っただけで終わってしまいますよね。

加盟金が高くても、本部が十分なサポートをしてくれるなら、利用しない手はありません。

加盟金ランキングTOP9

BEST9と書かれたタイルと虫眼鏡加盟金について、駆け足ですがご説明しました。

加盟金の負担が少ない本部を、ランキング形式でご紹介します。
最安値は、なんと0円!

ぜひ、最後までご覧ください。

1位 ブランド横須賀 独立開業支援…0円

ブランド横須賀はフランチャイズではなく、「開業支援」です。
フランチャイズに加盟するわけではないので、加盟金が発生しません。もちろん、ロイヤリティも0円です。
初期費用だけでなく、月々のランニングコストも少ないのは、かなり有利なポイントではないでしょうか。

独立するためのアドバイスや紹介は十分に受けることができますが、強制はされません。全部自分自身で決められます。開業場所や営業日、店名なども自由です。経営方法についても、本部からの制約に悩まされることはありません。
もちろん、開業前の研修もしっかり行います。熟練したスタッフが丁寧に行う研修は、13日間。その内3日間は店舗での研修です。
「仕事があるので土日だけ参加したい」「13日間も休みが取れない」といった事情にも対応してもらえます。
遠方で通うのが難しい人でも、オンライン研修がありますよ(デポジットが必要です)。

開業後のサポートが必要な場合、別途契約することでウェブカメラを使った査定や相談などが受けられるので安心です。

詳細ページ公式ページ

2位 大黒屋…0円

大黒屋では、加盟金だけはなく、保証金と初月のロイヤリティも0円です。

保証金は家賃契約でいう敷金のようなもので、万が一ロイヤリティなどが払えなかったときの保険です。 金額は本部によって変わりますが、百万円単位で請求されることも多く、費用がかさんでしまいます。これが0円とハッキリ表示しているのは大黒屋だけです。 収入があまり期待できない初月のロイヤリティも免除されているのもうれしいポイントですね。

さらに大黒屋は、物件取得費用と内外装工事費も0円。 開業するタイミング・条件次第で大きく変わってしまう2つの費用を、本部が負担してくれます。 これは開業時の不安がかなり軽くなるのではないでしょうか。

もちろん開業サポートも充実しています。 オープン前の研修では、目利きの技術や接客スキルをじっくり習得できます。 実際に店頭に立つ研修もあるので、開業前から接客経験を積むことが可能です。

開業後も定期的にSV(スーパーバイザー)が訪問してくれますし、オンラインで新商品情報や価格情報、偽物情報なども入手できます。

詳細ページ公式ページ

3位 おたからや…0円

おたからやには3つのプランがあります。
その中のひとつ、「ダイヤモンドプラン」は加盟金がかかりません。

ダイヤモンドプランは、初期費用を徹底的におさえたプランです。
査定キットや店舗HPなども付いていますので、自己資金が少ない人でも安心して開業できます。
初期費用が少ないからといって、研修やサポートの質が悪い…なんてことはありません。

開業前の研修では、おたからやの専門部署が培ってきた真贋判定スキルを身に付けられます。
それでも不安なときは本部に真贋判定をお願いできますし、保証制度があるので安心です。
それだけではなく、広告戦略についても開業前に教えてもらえます。

開業後も、定期的に行われる研修会に参加可能です。
商品の相場や最近のコピー品について、新しい広告デザインや集客方法などなど、新しい情報を仕入れられます。
この研修会は、他の加盟店オーナーやSVとの交流の場にもなっています。

詳細ページ公式ページ

4位 銀座PARIS…0円

銀座PARISのプランは、開業資金がかなりおさえられています。
公式サイトによると、初期コストは180万円。ロイヤリティを合わせると、初年度のコストは合計で300万円です。
浮いた費用でより良い物件を選んだり、効果的な販促備品を仕入れたりできますね!

用意している販売ルートも多く、「買い取った商品をどこにも売ることができない…」なんてことはありません。
加盟店は、最も高く売れるルートを選んで売却できます。中には中国をはじめとした、海外への販売ルートもありますよ。
どこに売却すればいいのか分からないときは、本部にお任せすることも可能です。

開業前の研修は「事前準備研修」「加盟店研修」の2ステップに分けて行われます。
未経験でも安心してオープンできるように、一流の講師陣を用意。資格を持っている宝石鑑定士をはじめとした、古物に精通した講師が研修にあたります。

開業後も、テレビ電話によるリアルタイムサポートが年中無休で受けられます。

詳細ページ公式ページ

5位 キングラム…100万円

キングラムは加盟金が100万円、初期費用も350万円からと、業界トップクラスの低資金で開業できます。
ですが法人しか契約できず、月に1社までしか契約を結べません。「スピーディに脱サラしたい」という人には難しいかもしれません。

というのも、キングラムは「事業を継続できるかどうか」を重視していて、安易な独立開業を勧めていません。
事業計画がしっかり立てられると判断してから、契約を結んでいるそうです。
また月に1社しか契約を結ばないのは、契約後のフォローに力を入れているから。本部のサポートがなくても査定ができるように、加盟店のスキル指導を徹底しています。

加盟店が買い取った商品は、本部に買い取ってもらったりネットショップなどで売却できます。パソコンの知識に自信がなくても、本部に商品を送って代行出品が可能です。海外サイトへの売却も代行してくれるので、英語が不得意でも問題ありません。

詳細ページ公式ページ

6位 WAKABA…250万円

JMRO(日本マーケティングリサーチ機構)の調査で、多数のNo,1を獲得しているWAKABA。
本部に支払う初期費用は、加盟金と初月ロイヤリティだけです。
実際はこの他に物件取得費用や内外装工事費などがかかります。しかしWAKABAが紹介するのは二等立地なので、低資金で取得できます。もちろん、本部が立地調査を行って「本当に利益が出る物件」と判断した物件です。
内外装工事費も、自分で業者を選べるので、安く済ませることができます。

研修は2週間のOJT研修で、5年以上の業界経験を持ったSVが担当します。
研修後も、状況に合わせて経営戦略のコンサルティングや勉強会などでバックアップしています。
査定も、真贋判定AIを導入しているので安心です。

詳細ページ公式ページ

7位 ブランドリバリュー…250万円

東京の銀座を中心に、全国展開しているブランドリバリュー。
競合他社の多い都心部でも、平均月間利益400万円以上を達成する実績を持っています。

そんなブランドリバリューのノウハウを学べる研修は、本部が費用を全額負担。
商品知識や商品管理をはじめ、マネジメントや計数管理といった経営に必要な知識を身に付けられます。
特に買取業では欠かせない接客研修は、開業前と開業後の2回に分けて行います。

サポート体制も充実していて、「集客」「査定」「買取」「換金」の4つで加盟店を成功へ導きます。
例えば、すべての商品は本部が査定して買い取ることで、換金リスクはゼロです。他の業者に売ることもできるので、高値で売れるところを選ぶことができます。
他にも定期研修会やトークスクリプトなど、加盟店を手助けするシステムを豊富に用意しています。

詳細ページ公式ページ

8位 売るナビ…300万円

売るナビは、「失敗させない」ためのサポート体制に自信があります。
契約後から物件探しから店舗デザイン設計施工、什器備品類の手配までを本部がフォローしてくれます。

研修は開業してからも3か月、マンツーマン形式で行います。SVが店舗に常駐して行うので、実際に経営して不安なところを素早く解消できます。
もし赤字が出た場合、その月のロイヤリティは0円になります。

売るナビでは、売却が可能か調べてから買い取りをしています。なので在庫を抱えることはなく、買い取った時点で利益が確定するんです。
他にも、卸の代行業務や広告デザインの提案など、様々なサポートで加盟店の経営を応援します。

詳細ページ公式ページ

9位 リサイクルマート…400万円

リユース業界で約40年、ビジネスを展開してきた本部。
長年培ってきたノウハウで、加盟店をサポートしてくれます。

開業前の研修は全部で8ステップ。即戦力として通用するプロの鑑定士を目指せるプログラムで構成されています。
店舗形態も多種多様です。最近では大型商業施設内へ小型の買い取り専門店を出店するケースが増えているんです。大型商業施設に出店すると、買取目的ではない人に認知してもらえる・窃盗などのリスクが低いなどのメリットがあります。
だからといって、むやみに物件を紹介しません。立地調査は、本部のスタッフが現地に直接足を運んで行っているんです。物件のあるエリアの競合店もしっかり調査して、評価しています。

開業後も、オーナーセミナー会や全国での勉強会、本部遠隔システムなど、たくさんのフォローがあります。

詳細ページ公式ページ

まとめ

当サイトでご紹介しているフランチャイズ本部を、加盟金を元にしたランキング形式でご紹介しました。

上位は加盟金だけにとどまらず、他の費用も無料になっていました。
少ない自己資金で加盟できると、開業準備に専念しやすくなるメリットがあります。

もちろん、加盟金が安ければ良いというものでもありません。
加盟金には研修費や物件の調査費などが含まれている場合があります。それだけクオリティの高いサポートが期待できますよね。

一方で加盟金だけ集めて、サポートを熱心に行ってくれない本部も存在するので、注意が必要です。
契約する前に、加盟金の金額だけではなく、「何の費用なのか」「なぜその金額なのか」をよく確認するようにしてくださいね。

Checkとそれに向かう矢印
【2022年版】成功したい?それなら絶対オススメの買取フランチャイズ9選!ここでは当サイトで紹介しているフランチャイズ本部を、一覧にしています。2022年には3兆円規模の市場になるといわれる買取業界。新たに参入した企業も出て、本部の選択肢が増えています。企業を見比べて、自分のビジネスプランに合う本部を選びましょう!...