仕組み・ビジネス

【週末起業も!】簡単に開業(独立)できる事業のポイントとやっておくべきこと

ドアに掛けられた「OPEN」のプレート

最近、週末起業・副業など、会社に雇われつつもプライベートな時間を利用してお金を稼いでいる人が増えています。

実は個人事業主なら開業そのものはとっても簡単なんです。
どうせだったら、楽してスムーズに稼ぎたいですよね。

ここでは、そのためにやっておきたいことや簡単に開業できる事業の特徴をまとめました。

スムーズに開業するためにやっておくべきこと

崖を軽々飛び越える男性
開業そのものは、簡単です。
個人事業主なら、「開業届」と呼ばれるものを税務署に提出するだけでいいんですから。
ですが実際には、お店の物件を探したり、商品(サービス)の仕入れルートを決めたり…とたくさんの準備があります。
この準備をきっちりやらないと、開業後に大きな失敗をする可能性も。

さらに個人事業主になると、その分新たに自ら行わなければいけない仕事や作業が発生したり、逆にこれまで享受できていた労働者としてのメリットが受けられなります。
例えば、会社が行なってくれる税金の「年末調整」は、独立した場合には当然受けられなくなるので自ら「確定申告」を行うことになります。

経済状況が変わりやすくなっている今、独立という働き方は確かに魅力的。
しかし責任は基本的に全て自らのものになるので、見方によってはリスクが高い選択になります。
慎重に準備を勧めましょう!

浅瀬で夕日をバックに両手を広げる人
脱サラして独立するぞー…のその前に!知っておきたい脱サラの現実脱サラで独立することは、大きなリスクが伴います。会社から独立するので、サラリーマンならではの恩恵がなくなります。思わぬところでつまずかなように、サラリーマンでいる間に知っておきたいことをご紹介します。...

事業内容を考える

まずは、開業する理由を洗い出しましょう。
もし「開業して○○をしたい」などではなく、「開業したいから」という理由だったら、開業した時点で目的を果たしてしまい、その後のモチベーションがなくなってしまうことも。
開業は、個人事業主ならば「開業届」を税務署に提出するだけで終わります。
大切なのは、いかに事業を継続させるかです。

開業してやりたいことが決まったら、その業界を調べ、競合と差別化できるポイントはあるかなどを確かめます。
ここを洗い出せると、事業計画書が作りやすくなる・融資を受けやすくなるなどのメリットが。

しっかりした事業計画書が作れると、経営の方針も決まってきます。

事業のターゲットを決める

絶対的なものではありませんが、誰をターゲットにして展開するのかは決めておいたほうがいいです。
ターゲットを絞り込むことで、商品(サービス)の内容が洗練されていきます。

できれば「どんな立場の人」「どんな好みを持つ人」まで決めておきたいところ。
同じ「喫茶店」でも、ターゲットが「幼い子供のいる主婦」なのか「バリバリ働く営業マン」なのかで、提供する商品(サービス)は変わりますよね?
ひょっとすると、店内の設備にも影響するかもしれません。

ターゲットによっては、宣伝・集客方法も変わってきます。
たとえば、SNSにどっぷりハマっている人がターゲットなら、SNSに広告を出すのが効果的です。
新聞広告を出しても、見てくれる人はなかなかいませんよね?

いい商品(サービス)を提供していても、知られなかったら利益にはなりません。
今の時代、良いものはSNSや口コミで広がりやすいとはいえ、きっかけがないと難しいのが現状です。
ターゲットに合わせた広告手段を使いましょう。

資金を調達する

事業の内容などが決まれば、必要資金の目処もたちます。

資金は、事業を始めるために必要な初期投資、事業を回すために必要な運転資金が最低限必要。
できれば経営が安定するまでの生活費も確保したいところ。
自分の資金ならどのくらいの期間持つのか、安定して黒字になるまでどのくらい頑張ればいいのかは、専門家に相談したほうがいいかもしれません。

もし融資をうけるなら、返済期限までに利子も含めてお金を返さないといけません。
それも計画に組み込んで行動する必要があります。

補助金・助成金を利用することも視野にいれたいですね。
ですが補助金・助成金は、特定の経費に対して出るものが一般的で、「自分が出したお金を後で立て替えるもの」と考えてください。

握手をするビジネスマンの腕
開業時に使える支援とは?フランチャイズでも使える補助金もご紹介!いざ起業(独立開業)しようと思っても、何からはじめればいいのか分からずにいる人も多いのではないでしょうか。開業支援は、公的機関から民間までさまざま。ここでは特に「無料で支援を受けられる」に焦点を当てた制度をご紹介します。...

フランチャイズで開業するのもオススメ

「全部自分でやるのはちょっと無理…」

「開業前の準備、全然簡単じゃないよ!」

こんな人も中にはいると思います。
「そんな人は絶対成功しないから、開業するな」という人もいますし、開業にはかなりの労力がかかるのは事実。
それでもなんとかしたいという人は、フランチャイズや独立開業支援も視野に入れてください。

フランチャイズは、すでに実績のある企業の経営ノウハウやネームバリューを利用して「ロイヤリティ」という形で使用料を払うシステムです。
月々の支払額は高くなりますが、実績のある企業のサポートを受けられるなどのメリットがあります。
きちんとした、自分に合う本部を探す必要がありますが、上手く活用できれば独立後にも役立つ経験が得られるでしょう。

フランチャイズなのに0円で開業できる!?お金は無いけど起業するためのポイント3つ独立するためには資金が必要だけど、お金が貯まるのを待っていたらいつまでたっても起業できません。フランチャイズなら、初期費用をかけずに起業することも可能です。独自の融資制度などがあるフランチャイズをまとめてみました。...

独立開業支援は、開業するためのサポートを行ってくれます。
起業によって差はありますが、ホームページ作成や宣伝・必要な資格の取得などさまざまな内容をサポート。
フランチャイズと比べて「ロイヤリティがない」「本部からの制約がない」などのメリットがある一方で「基本的に開業後のサポートはない(あっても有料)」などのデメリットが。
自分に合ったサポートをしてくれる企業を選ぶようにしましょう。

「開業支援契約」って何?フランチャイズとはどう違うの?新しい起業形態として注目の「開業支援契約」。フランチャイズ契約とは何が違うのでしょうか?開業支援とは、いったいどんなことをしてくれるのか調べてみました。...

簡単に開業できる事業のポイント

「OPEN」のプレートを持った女性
「開業そのものはとても簡単」とはいいましたが、事業によっては長い下準備が必要なものもあります。
開業届を出して、はい、おわり…とはいきませんよね。

簡単に開業できる事業には、以下の特徴があります。

  • 規模が小さい
  • 一人ではじめられる
  • 開業資金が安い

週末起業を考えている人が求める条件にも合ってるんじゃないでしょうか。

それぞれ詳しくみていきましょう!

規模が小さい

大規模な事業になると、開業資金や運転資金が大きくなります。
さらに人材の確保・教育や、物件の取得・内装工事など、必要な準備も増えて大変なことに。

自宅で開業できる事業など、規模の小さいものなら、比較的簡単に開業できます。
ネットビジネスならパソコンとインターネット環境があれば、そこで仕事場になります。
配色サービスは場合によってはキッチンを用意しないといけませんが、開業のハードルは低め。

取得の手間が省けるので、資格の必要がない事業もオススメです。

週末起業や副業として開業を考えているのなら、あまり規模の大きい事業は避けましょう。
準備や経営に時間と体力を奪われ、本業がおろそかになる危険が高まります。
実は企業が副業を禁止している理由のひとつが、「本業に取り組む余裕がなくなる危険がある」なんですよね。

一人ではじめられる

一人ではじめられる事業も、簡単に開業しやすいです。

すべての業務を自分でこなす必要がありますが、自分の都合だけで開業できるので楽ちん。
これが複数人で…となると、それぞれの進み具合によって計画を調整しないといけません。
場合によっては、開業そのものを諦めなくてはならない…なんてことも。
開業後の経営についても、一人でなら身軽に動けます。

経営が黒字になって、忙しくなってきたら人を雇用して仲間を増やす…でいいかもしれません。
もし開業の不安が拭いきれないなら、開業支援のサポートを受けたり、同志を探して情報交換をしたりすることをオススメします。

開業資金が安い

開業資金が安いと、開業のハードルもぐんと下がります。

例えば、特別な道具(設備)がいらない事業・お店を構える必要がない事業ですね。
特別な道具(設備)は高くなりやすい傾向があるので、これがかからないというのは大きいです。
お店を構える必要がなければ、物件取得費用がいらなくなります。
その後の家賃も発生しないので、経費も抑えられます。

開業資金がそれなりにかかる事業でも、費用を抑える方法はあります。
その中のひとつが、フランチャイズチェーンに加盟すること。
本部から道具をレンタルしたり、他のオーナーから物件をゆずりうけたりできるので、開業資金を抑えやすいんです。
ロイヤリティなどで月々の支払いが大きくなるデメリットがありますが…。

必要な資金が安くなれば開業もしやすくなるし、リスクも低くなりやすいです。
お得に計画を進めましょう!

まとめ

開業だけなら、開業届を出すだけ。
ですが実際は、計画や準備にかなりの労力とお金がかかります。
それを考えると簡単とは言い切れないかもしれません。

それでも、無計画な開業は失敗の元。
ここで準備を徹底的に行えるかどうかが、明暗を分けているといっても過言ではありません。
せっかくの開業が、苦い思い出にならないようにキッチリやりたいですね。

Checkとそれに向かう矢印
【2020年版】成功したい?それなら絶対オススメの買取フランチャイズ10選!オススメの買取フランチャイズの一覧です。大黒屋やリサイクルマート、銀座PARISといった買い取り販売から、売るナビやキングラム、WAKABAといった買取専門のフランチャイズ、特殊なシステムがあるブランド横須賀やリサイクルマートなど10社をご紹介!...