仕組み・ビジネス

40代でも遅くない?フランチャイズで起業するメリット・デメリット

青空と白いシャツの男性

40代でも、起業したい・独立したいと考えている方も多いのではないでしょうか。
とはいえ収入が不安定になったり、家族を巻き込むかもしれない不安から、二の足を踏んでいると思います。
実際に40代からの起業にはさまざまなリスクが伴います。一方で若い世代にはない強みもあるため、上手く活用すれば成功する確率が上がります。

そこで、今回は40代からの起業にかかわるメリットやリスク、フランチャイズをおすすめする理由などをまるっとご紹介します!
「脱サラしたいけど…」と迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

そもそも、40代でも起業できるの?遅くない?

橋の上で悩むビジネスウーマン
そもそも40代からの開業は遅すぎないか?
40代からだと、安定するころには働けなくなっていないか?

そんな不安を感じている方も多いと思います。
起業するリスクや、自分の強みを把握しておけば、失敗してしまう確率を下げられます。
ここでは「40代だからこそ」の強みや注意点を解説します。
ご自身の経歴の棚卸しに役立ててください。

40代の人が起業するメリット

40代の人が起業するとき、他の世代にはない強みはいくつかあります。
若い世代にはない長所を活かすことで、生存競争の激しい業界でも生き残っていけるはずです。

培ってきた経験・人脈が活かせる

業界に関する知識やスキルは、若い世代よりもあるのが40代です。社会人としての経験も長いので、ビジネスに関する知識も豊富です。経歴によっては、会計や人事などのノウハウも身についている方もいるでしょう。
人脈についても、友人や会社の関係などでさまざまな人脈ができている方も多いです。

社会的な信用度が高い

40代ともなれば、それなりの肩書がついている方も多いのではないでしょうか。特に、ひとつの会社を勤め続けている方は、周囲からの評価もしっかりしていると思います。転職回数が多くても、その経験を上手く売り込めば「いろんな知識、経験を持つ人」として信用されます。
社会的な信用度が高いと、融資の審査に通りやすくなったり、営業活動で有利になったりするメリットがあります。

金銭的な蓄えがある

コツコツ貯金をしている方であれば、初期費用として出せる金額も多いです。資金にゆとりがあると、廃業するリスクを下げられます。また開業資金が多ければ、選択肢の幅も広がります。
さらに、「開業を目指してコツコツ貯金していた」という事実は、融資の審査で有利に働きます。担当者に好印象を与えられ、信用を得やすくなるんです。

万札の上で握手するサラリーマンのフィギュア
新規開業資金にはこんなメリットが!起業するなら押さえておきたいポイント3つ!新規開業資金は、日本政策金融公庫が用意している融資制度のひとつ。多くの経営者が起業するときに利用している、日本でもメジャーな融資制度なんです。ここではそんな新規開業資金のメリットをご紹介。開業資金の調達方法を調べている方は、ぜひ参考にしてくださいね。...

40代の人が起業するデメリット

起業にはリスクが付き物ですが、40代の方の場合は以下のポイントに注意が必要です。見落としていると、老後の生活にも影響を及ぼしてしまいます。

良くも悪くも家族に影響を及ぼす

40代の方が起業する場合、家族への影響を念頭に置いて動かなければなりません。
経営が安定するまでは厳しい生活が続きます。最悪の場合、収入面では家族に頼りっきりになるかもしれません。家族経営を選択した場合、家族をも犠牲にしてしまう可能性もあります。
パートナーがいない場合でも、親の介護があります。経営と介護の両立は難しく、体を壊してしまう方も少なくありません。

リカバリーがきかない

若い世代なら失敗してもまだ働き盛りですので、リカバリーがききます。諦めて就職したり、そこで資金を集めて再び起業したりできます。
しかし40代の場合は、立て直しは難しいのが現実です。まず再就職が難しいので、資金を貯める方法が限られる方も多いです。仮に再就職を果たしたとしても、働ける期間は短く、資金を集められない可能性があります。

年齢による体力低下

まだ働けるとはいえ、若い世代に比べれば辛い部分は多いです。「昔は大盛ご飯を食べられたのに…」「最近は徹夜したくてもできない」なんて、よく言いますよね。
40代の方が起業する場合、年齢による体力の衰えや記憶力の低下を無視できません。物件探しから集客、経理や人材教育などなど、起業にはやるべきことがたくさんあります。すべて自力でこなすとなると、かなりの苦労が伴います。
ビジネスには世間のニーズに応えることが必須ですが、固定概念に縛られていると、対応に遅れてチャンスを逃すかもしれません。

40代でもフランチャイズに加盟できる?

メリット・デメリットを秤にかけて考えるデッサン人形
基本的には、40代の方でもフランチャイズに加盟できます。
すべての本部で加盟できる…とは言い切れませんが、年齢制限を設けている本部は見かけません。

フランチャイズに加盟すると、自力で開業する場合に比べて「長続きしやすい」というメリットがあります。
一方で「自由度が低い」「簡単に解約できない」などのデメリットがあります。

ここではそんなフランチャイズのメリット・デメリットについてご紹介します。

フランチャイズに加盟するメリット4つ

40代の方は「無理をしない」「楽できるところは楽をする」が重要です。
フランチャイズに加盟すると開業に付き物の苦労がかなり軽減できるので、おすすめです。
具体的なメリットは以下の通りです。

ビジネスアイデアをゼロから考えなくていい

起業するとき、売り込む商品(サービス)を考え、店内の内装を考え…と、決めるべきことがたくさんあります。
未経験の業種で開業するなら、業界のリサーチも欠かせません。
フランチャイズなら本部が持つブランドを取り扱うので、ビジネスアイデアをゼロから考えなくてもいいんです。商品設備や内装は本部が指示する場合がほとんどですし、アイデアについて悩む瞬間は少なめです。

成功している企業のノウハウ・看板を使える

フランチャイズが、すでにある企業のブランドや経営ノウハウを使ってビジネスをする仕組みです。知名度のある店名・ブランド商品を取り扱うことで、集客に期待が持てます。
またイチから経営ノウハウを積み上げずにすむメリットもあります。開業前に研修を行う本部がほとんどですので、右も左もわからない状態で開業するリスクもありません。
フランチャイズ本部の信用度が高ければ、金融機関からの融資が受けやすくなります。

開業準備や経営のサポートをしてもらえる

フランチャイズ契約を結ぶと、本部から長期的な経営サポートを受けられます。
例えば開業前ならお店の立地調査や開業前研修を行ってくれます。開業後も業務の一部代行やSV(スーパーバイザー)の派遣など、加盟店をサポートしてくれます。
経営の経験が少なくても本部がバックアップしてくれるので、失敗しにくいと言われています。

同業者同士で交流しやすい

本部によっては、定期的に研修会や親睦会を開催しています。研修会では最新の情報を得られたり、他のチェーン店のオーナーと情報交換ができます。
相談できず悩みを抱え込む可能性が下がるので、経営を長く続けやすいメリットがあります。

フランチャイズに加盟するデメリット3つ

フランチャイズは、未経験の方でも成功しやすいメリットがあります。開業準備の苦労も軽減されるので、40代の起業で抱えるリスクを軽減できます。
一方で無視できないデメリットがあります。特に注目するべきポイントは以下の通りです。

月々の経費は高額になりがち

フランチャイズで開業すると、自力で開業する場合と比べて、経費が高くなってしまいます。
ロイヤリティや広告宣伝費など、フランチャイズならではの経費が発生するからです。具体的な金額はケースバイケースですが、高額だといくら稼いでも手元にお金が残りません。

グラフとCOSTとPROFITの積み木
フランチャイズの基礎知識!ロイヤリティの意味や計算方法をご紹介フランチャイズに加盟すると、必ず発生するロイヤリティ。経営を圧迫する原因になりやすいこともあり、「どうして払わないといけないの?」と思う方も良いのではないでしょうか。こちらの記事では、ロイヤリティの意味や算出方法といった基礎知識をまとめています。...

自由度が低い

フランチャイズに加盟すると、基本的に本部の指示に従わないといけません。例えば店舗の内装や取り扱う商品(サービス)、トラブル発生時の対応など、細かく決められています。
本部とすれば、自社のイメージを守ったり、リスクを回避するために大切な決め事です。これを破った場合、違約金や契約解除などのペナルティが発生する可能性があります。

簡単に廃業できない

フランチャイズは「独立した事業主同士の契約」です。クーリングオフ制度のような制度はありません。契約した後にやはり白紙に戻したいと思っても、簡単には解約できないんです。
基本的に契約期間中の解約には違約金が発生します。赤字経営での解約でも容赦なく請求されて、自己破産や訴訟問題に発展してしまうケースも多いようです。

WARNINGのメモ
フランチャイズはヤバいって本当?知っておくべき4つのポイントフランチャイズにはヤバいトラブルがたくさんあります。とはいえ、注意点をしっかりおさえておけば、失敗して廃業するリスクを避けられます。ここれは、フランチャイズがヤバいといわれるケースと、悪質な本部を避けるためにやるべき対策についてご紹介しています。...

フランチャイズに加盟するときは、ここに注意

フランチャイズは一度契約を結んでしまうと、簡単には解約できません。特に40代の方だと、無駄なトラブルは避けたいものです。
契約する前には、以下のポイントを確認しておくと安心です。

市場の将来性はあるのか

経験のある業種で開業する場合でも、市場の将来性は必ず確認しておきましょう。
起業して成功するには、世間のニーズに柔軟に対応するスキルが求められます。しかしフランチャイズでは例え優れたアイデアがあっても、本部が「ダメ」と言えば実行できないんです。
本部がどれだけ対応できるか知るためにも、市場の現状や今度の予想は把握しておく必要があります。

安定した利益は出るのか

本部は説明会などで、売上予測や収益シミュレーションといった情報を提示しています。開業後の収入を知る手がかりになりますが、鵜呑みにするのは危険です。予測なのでいざ開業したら半分も稼げない…なんてこともありえます。
自分でもシミュレーションしたり、現地に足を運んだりして、多角的な情報を集めて判断

契約期間の長さはどのくらいか

個人的に、契約期間が長すぎるパッケージは避けた方が無難です。
例えばコンビニ業界では、10年以上のパッケージが多いです。仮に40歳でフランチャイズ契約を結んだとして、契約期間が終わるころには50代。体力的にも、契約更新して続けるのは厳しい年齢です。
繰り返しになりますが、フランチャイズは「辞めたい」と言えば辞められるサラリーマンと違って、簡単には解約できません。違約金を請求されたり、他のトラブルが発生したりする可能性があります。
フランチャイズに加盟する際には、契約期間にも注目してみてくださいね。

40代で起業して成功するためのポイントは?

独立か正社員の分かれ道
40代の方がフランチャイズに加盟するメリットや注意点をご紹介しました。
フランチャイズに加盟したからといって、100%成功できるとは限りません。成功するためには、オーナー自身の努力が必要です。

ここではビジネスで失敗しないために、注目するべきポイントをまとめました。

流行よりも安定したビジネスがおすすめ

業種を選ぶ際には、流行っているビジネスよりも、長く続いているビジネスが安定しています。
流行り廃りの激しいビジネスだと、ブームが去ったときに売上が落ち込んで赤字経営になる危険があります。
フランチャイズだった場合、解約もできず赤字経営を続ける羽目になりかねません。

また、ローリスクなビジネスもおすすめです。
例えば仕入れ業務のないビジネスは、在庫を抱える心配がありません。在庫がいらなくなると、経費をおさえられるメリットもあります。
ひとりで開業できるものや無店舗型ビジネスも、経費がかかりません。無店舗型ビジネスは、開業資金もおさえられるのでリスクがさらにおさえられます。

時間・費用・質のトライアングル
人件費ゼロのビジネスってないの?おすすめな節約方法3つ起業すると、お店(事務所)の家賃や水道光熱費などの費用が毎月発生します。 フランチャイズに加盟して起業した場合は、さらにロイヤリティが...

計画は綿密に立てる

ビジネスプランは綿密に立ててから起業すると、失敗しにくいのでおすすめです。
いわゆる「事業計画」ですね。

自分はどんな人に商品(サービス)を提供したいのか…
どんな商品を提供したいのか…
ビジネスの将来性を見極めながら、計画を立てていきます。

計画を立てるときは具体的に書き出して、第三者にもわかりやすいようにまとめておきましょう。
事業計画は、融資や補助金の審査でも必要になります。

毎日の健康管理はしっかりと

体は資本…とよく言いますが、起業する場合は特に健康管理が欠かせません。

もし体調を崩して入院したら、経営を中断しなければなりません。最悪の場合、廃業を迫られる可能性もあります。
入院とまでいかなくても、体調が良くない状態が続くと思わぬミスや事故の原因にもなりかねません。何よりストレスがたまります…。

40代はまだまだ働ける世代ですが、長い目で見ると健康管理をやっておいた方が無難です。
自分が無理なく働ける環境づくりを心がけて、習慣づけておくことをおすすめします。

フランチャイズの本部選びは慎重に!

フランチャイズに加盟するなら、契約する本部は慎重に選びましょう。事前のリサーチは複数の媒体で行い、本部の話だけで判断しないようにしてください。
ウソをつく本部はごく一部ですが、本部の説明を鵜呑みにするのは危険です。売上予測は利益を保証するものではありませんし、イメージ通りのサポートを提供してもらえるとは限りません。

フランチャイズは、一度契約すると簡単には解約できません。40代の方は特に、契約する本部を慎重に見極めましょう。

まとめ

40代で起業するメリット・デメリットから、フランチャイズがおすすめな理由などご紹介しました。

フランチャイズなら起業へのハードルが低くなります。無理が利かなくなる世代の方でも、安心して起業できます。
一方で40代はリカバリーが難しい世代でもあります。後先考えずに開業してしまうと、赤字経営だけど撤退もできない…なんてことにもなりかねません。

事前の情報収集や、自己分析を徹底的に行うことが、成功への近道です!

Checkとそれに向かう矢印
【2022年版】成功したい?それなら絶対オススメの買取フランチャイズ9選!ここでは当サイトで紹介しているフランチャイズ本部を、一覧にしています。2022年には3兆円規模の市場になるといわれる買取業界。新たに参入した企業も出て、本部の選択肢が増えています。企業を見比べて、自分のビジネスプランに合う本部を選びましょう!...